FC2ブログ

仙台・石巻散歩(3) 多賀城跡

 JR東北本線国府多賀城駅の北西800mの丘陵に国特別史跡の多賀城跡があります。平城京に都があった奈良時代から、多賀城には古代陸奥国の国府がおかれました。その理由は、古代より多賀城の海岸に良港が築かれ、朝廷の海運の拠点があったからだと考えられます。現在も名古屋~仙台、仙台~苫小牧間のフェリーが発着する港があります。

 多賀城碑(国重要文化財)
   覆屋の中に高さ2.48m、幅1.03m、厚さ0.74mの石碑が建っています。 碑面は西向きで奈良平城京の方を向いています。碑面中央上部に「西」の1字が、その下に11行17段に140字が刻まれています。
 最初の5行は「京」(平城京)などから多賀城までの距離が刻まれています。
 
 多賀城
   去京一千五百里        (「京」まで1500里、829キロ)
   去蝦夷國界一百廿里     (蝦夷国界まで120里、約66キロ)
   去常陸國界四百十二里    (常陸国界まで412里、228キロ)
   去下野國界二百七十四里  (下野国界まで274里、151キロ)
   去靺鞨國界三千里       (靺鞨国界まで3000里、1659キロ)

 当時の1里は約553メートル、京(平城京)まで1500里、換算すると約829キロで、ほぼ正確な距離です。 なお、靺鞨は隋唐時代の中国東北部にあった国の名称で、3000里は正確な距離ではない。
 碑文の後半には神亀元年(724年)に、大野朝臣東人が多賀城を設置したこと、天平宝字6年(762年)に、藤原恵美朝臣朝獦(ふじわらのえみのあそんあさかり)が多賀城を修造したことが刻まれています。

江戸時代に、この碑が掘り出され覆屋に囲われ、多賀城外郭南門趾の前におかれています。奈良時代の史実を知る貴重な金石文として、重要文化財に指定されています。

多賀城碑(重要文化財)
IMG_3174s_201706222246279c1.jpg

石碑
IMG_3159s_20170622224621c2f.jpg

碑文の説明
IMG_3163s_20170622224623e6e.jpg 

--
多賀城跡説明
IMG_3148s_20170623000246bff.jpg

政庁―南門間道路パネル
IMG_3184s_20170623000248fcd.jpg

外郭南門跡碑
IMG_3152s_20170623004542334.jpg

発掘調査写真
IMG_3153s_20170623004543492.jpg

外郭南門復元推定図
IMG_3149s_20170623004539f98.jpg

説明
IMG_3151s.jpg


政庁ー外郭南門道路
IMG_3189s.jpg

階段の道
IMG_3190s_201706230002506aa.jpg

外郭は城壁で囲まれていた模様
IMG_3198s.jpg

--
政庁の建物の変遷(I期~Ⅳ期)
Ⅰ期
IMG_3207s.jpg
Ⅱ期
IMG_3208s.jpg
Ⅲ~Ⅳ期
IMG_3210s.jpg

政庁復元模型
IMG_3218s_20170623001039e34.jpg

南門跡
IMG_3224s_20170623001041fd4.jpg

正殿跡(パネル)
IMG_3233s.jpg

正殿跡
IMG_3236s.jpg

正殿跡全景
IMG_3239s.jpg

東殿跡(パネル)
IMG_3241s.jpg








 


プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR