FC2ブログ

磯城嶋金刺宮

日本書紀によれば、第29代欽明天皇(539~571)は、宣化天皇の崩御を受け、若くして天皇に即位しました。そして、元の通り大伴金村と物部尾輿を大連に、蘇我稲目宿祢を大臣にしました。

欽明元年七月十四日の記事には、都を倭国の磯城郡の磯城嶋に遷し、名づけて磯城嶋金刺宮といった、と記されています。

 欽明天皇の磯城金刺宮は金屋集落の東端南側、初瀬川の(左岸)南側にあったといわれています。この地は海石榴市に近く初瀬川の船運が便利な地でした。欽明13年(552年)(538年説が有力)冬10月、百済の聖明王は釈迦金銅像一体・幡蓋若干・経論若干巻を奉って、仏教公伝の最初の地として知られています。

 最近、中和幹線が開通し、その道路下に磯城嶋公園が整備され、それまで桜井市水道局敷地内にあった、3基の顕彰石碑が移設されました。なかなか見つけにくい場所です。大和川左岸(上流から下流へ向かって左側の岸辺)にあります。

大和川(初瀬川)右が山崎、左が外山(とび)、上が中和幹線(国道165号)
 IMG_0702s.jpg

前方右手磯城嶋公園
IMG_0703s.jpg

顕彰石碑(左から)
「仏教公傳の地」碑
「欽明天皇磯城嶋金刺宮趾」碑
「磯城邑傳稱地」碑
IMG_0706s_20161224180813b24.jpg

説明板
IMG_0707s.jpg

説明板
IMG_0711s_20161224180816f95.jpg

IMG_0710s.jpg

万葉歌碑
「磯城嶋の 大和の国は 言霊の 助くる国ぞ ま幸くありこそ」
作者 柿本人麻呂 / 平泉澄 書 
 (巻13 3254)
IMG_0708s_2016122418263886d.jpg


万葉歌碑
「泊瀬川 早み早瀬をむすび 上げて 飽かずや妹と 問ひし君はも」
作者 不明 /辰巳利文 書
(巻11 2706)
IMG_0713s_20161224182641392.jpg
 
 


プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR