FC2ブログ

明恵上人のゆかりの地を巡る その4

 明恵上人が23歳のとき、京都神護寺を出て、最初に紀州白上峯(しらかみのみね)で草庵を結び、ひとり苦修練行の日々を重ねました。 後に明恵上人に帰依した湯浅城主藤原景基はこの地に一宇を建立し、京都高山寺にあった明恵を招き落慶法要を営みました。このときこの地を殺生禁断の聖地と定め、「生類をして畏れ無きを施す寺」という意味で、「施無畏寺と」名付けました。

天正年間に兵火によって堂宇が消失し、現在の建物は江戸時代に紀州藩主徳川頼宜によって再興されました。

山門を入ると鐘楼、持仏堂、庫裏があり、少し上へ登った所に、本堂、開山堂、薬師堂がありました。

施無畏寺や白上峰(西)からは湯浅湾が一望でき、湾内には手前から毛無島、その後ろの右手に刈藻島、左手に鷹島がきれいに浮かんでいました。明恵上人は鷹島の小石を座右に置いていました。また、島に置き手紙を書いたそうです。

施無畏寺山門
IMG_7377s_20161021230735b60.jpg

持仏堂と庫裡
IMG_7622s_20161022002327c73.jpg

境内から湯浅湾の島:毛無(手前、けなし)島、苅藻島(右)、鷹島(左)
IMG_7422s_20161021230739ecc.jpg

IMG_7428s.jpg

IMG_7430s.jpg

本堂
IMG_7433s_201610220217136fd.jpg

IMG_7486s.jpg

開山堂
IMG_7490s_20161022021116504.jpg


明恵上人像
IMG_7478s_20161021232051ebe.jpg

鐘堂
IMG_7491s_20161022021117150.jpg

-----------------------------------------------------
明恵上人白上遺跡
IMG_7427s_20161021232047216.jpg

西白上遺跡卒都婆
明恵上人は、はじめこの地で草庵を結んでいましたが、さらに静寂な地をもとめ、東白上遺跡の方へ移動しました。
IMG_7560s.jpg

IMG_7556s.jpg


東白上遺跡卒都婆
IMG_7567s.jpg

IMG_7568s_20161022004423e2a.jpg

IMG_7582s.jpg

IMG_7575s.jpg


明恵上人ゆかりの地を巡る その3

明恵上人の紀州遺跡はみかん畑の中にありました。今回は糸野遺跡と星尾遺跡についての報告です。

糸野遺跡
バス道からかなり奥に入ったみかん山の中に糸野卒塔婆が建っていました。

バス通り道に「明恵上人糸野遺跡」の看板
IMG_7178s.jpg

途中、みかんの収穫作業
IMG_7193s_20161019214620277.jpg

池のそばを分け入ります
IMG_7190s.jpg

新品種のおいしいみかん
IMG_7204s.jpg

------------------
国史跡説明板

IMG_7207s_201610192140433ed.jpg

IMG_7222s_20161019214045037.jpg

明恵上人糸野卒都婆
IMG_7197s_20161019214040971.jpg

IMG_7198s_2016101921404218a.jpg

----------------------------------------------------------------
星尾遺跡
有田川のそばに星尾遺跡がありました。人家はみかん畑に囲まれていました。有田には凄い数のみかん畑がありましたよ。

IMG_7248s_20161019220314f3b.jpg

神光寺
IMG_7265s_20161019220940a94.jpg

IMG_7260s_20161019220938fbd.jpg

IMG_7305s_201610192209431dc.jpg

国史跡現地説明板
IMG_7272s_20161019220318df2.jpg

IMG_7270s_20161019220317be5.jpg

明恵上人星尾卒都婆
IMG_7282s_20161019220320d40.jpg

IMG_7279s_20161019220941486.jpg



明恵上人ゆかりの地を巡る その2

歓喜寺(かんぎじ)浄土宗鎮西派(知恩院が総本山)、 和歌山県有田郡有田川町歓喜寺

 歓喜寺は吉原遺跡近くにあり、この付近の地名にもなっている寺院で、986年(寛和2年)に恵心僧都源信が創建したと伝えられ、明恵上人の高弟喜海(きかい)が1249年(建長元年)に湯浅宗氏の支援を得て再興しました。重要文化財の地蔵菩薩坐像や阿弥陀如来坐像の他、恵心僧都(源信)坐像、伝明恵上人坐像、明恵所用と伝わる礼盤など、上人ゆかりの品が伝わっています。これらの像は新しく建立された収蔵用のお堂に安置されています。歓喜寺には下品堂、中品堂、119段の石段を登った所に上品堂があります。

歓喜寺
IMG_7135s.jpg

庫裏
IMG_7146s.jpg


現場看板
IMG_7132s.jpg

下品堂
IMG_7137s_201610182218327c5.jpg

IMG_7161s_2016101822183493b.jpg


IMG_7163s.jpg

IMG_7165s.jpg


収蔵庫
IMG_7144s_20161018221833115.jpg


IMG_7149s_201610182310287b2.jpg

上品堂へ119石段
IMG_7138s_20161018230328696.jpg

急な石段
IMG_7154s_20161018223907c39.jpg

上品堂
IMG_7160s_20161018223908b97.jpg



明恵上人ゆかりの地を巡る その1

 鎌倉時代の華厳宗と真言密教の高僧で、京都栂尾(とがのお)の高山寺(こうざんじ)を創建した、明恵(みょうえ)上人(1173年-1232年)は、1173年(承安3年)に和歌山県有田川町(紀伊国在田郡石垣庄吉原村)において、父平重国と母湯浅宗重の娘との間に生まれこの地で8歳まで育ちましたが、8歳にして両親を亡くし、9歳のとき伯父の上覚(じょうかく)をたよって京都神護寺(真言宗)に入門し、真言や華厳の教えを学びました。13歳の時お釈迦様と同じ生き方をしたいと強く思うようになりました。16歳で出家し、明恵坊成弁、後に高弁となのり、僧としての生活が始まります。

 明恵は京都高雄の地を本拠地として、山中で修業に励んでいましたが、荒廃した仏教に失望し、23歳から故郷の有田に戻り、34歳ころまで有田と京都を行き来しながら修業修学の日々を過ごしました。
34歳の時、後鳥羽上皇より京都栂尾の地を賜り、高山寺を創建されました。35歳の時院宣により東大寺尊勝院の学頭になる。

明恵上人は数多くの著作を残すとともに、月の歌を詠み、茶園を造り茶道の祖でもあります。毎年、11月8日に高山寺でお茶会が開催されます。

明恵上人歌二題
 山のはにわれもいりなむ月もいれ 
 よなよなごとにまた友とせむ

 あかあかや あかあかあかや あかあかや 
 あかあかあかや あかあかや 月

明恵上人については白洲正子さんが「明恵上人」という名著を著しています。また、川端康成氏がノーベル賞受賞講演「美しい日本の私」の中で、明恵上人のことを紹介しています。 明恵上人樹上座禅像(高山寺)には強く共感を覚えました。

------------------------------------------------------

今回、西山厚先生同行の明恵(みょうえ)上人ゆかりの地を巡る以下の行程の1泊2日のバスツアーに参加しました。前半は明恵上人紀州八所遺跡の内5所を訪づれました。また、後半は京都の高山寺を訪問しました。幸い晴天に恵まれ明恵研究の第一人者の西山先生の解説を受け参加者皆さん感激しておられました。
  
1日目: 奈良→有田川金屋明恵峡(昼食)→歓喜寺→吉原遺跡(誕生地)→明恵大橋→糸野遺跡→星尾遺跡→湯浅城
2日目: 施無畏寺→西白上遺跡→東白上遺跡→バス→京都栂尾(とがのお)・高山寺→奈良

国指定史跡 吉原遺跡(和歌山県有田郡有田川町)
明恵上人誕生地
IMG_7126s.jpg

現地看板
IMG_7094s.jpg 

IMG_7118s.jpg

IMG_7103s_20161017121445ff9.jpg


石造卒塔婆
IMG_7106s.jpg

IMG_7099s.jpg

上人胎衣塚
IMG_7109s_20161017121446415.jpg

明恵上人ゆかりの屋敷跡看板

IMG_7089s.jpg


有田川
IMG_7062s.jpg

明恵大橋
IMG_7069s.jpg

IMG_7082s_20161017122442c94.jpg

IMG_7077s_20161017122441a76.jpg


プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR