FC2ブログ

石山寺参詣 その2

硅灰石
硅灰石は、石灰岩(せっかいがん)が地中から突出した花崗岩(かこうがん)と接触し、その熱作用のために変質したものです。この作用によって通常は大理石(だいりせき)となりますが、この石山寺のように雄大な硅灰石となっているのは大変珍しく、国の天然記念物に指定されています。「石山」という名称はこの硅灰石に由来しているそうです(現地看板より一部抜粋)。

硅灰石(天然記念物)の庭
IMG_7016s.jpg

IMG_7010s.jpg

多宝塔(国宝)
源頼朝の寄進で建久5 (1194) 年に建立された現存日本最古の多 宝塔。 方3間の下層の上に、円形平面の上層をのせ、その間に饅頭形の搭身があり、宝形造りの屋根が載ります。内部には高欄付きの仏壇を設け、金剛界大日如来を安置し、四天柱に胎蔵界の諸尊像が描かれています。

IMG_6951s.jpg

IMG_6948s_20161008182323a6c.jpg

IMG_7008s.jpg

IMG_6937s.jpg

IMG_6944s.jpg

IMG_6962s.jpg

IMG_6958s.jpg

鐘楼
ご本尊の開帳にあわせて鐘楼も開扉し心願成就の鐘を撞きました。

IMG_7007s_20161008194334892.jpg

IMG_6987s_20161008194333926.jpg











石山寺 33年に一度のご本尊如意輪観世音菩薩拝観

 石山寺は聖武天皇の勅願により天平勝宝元年(749年)に良弁僧正によって開基された名刹です。 石山寺は長谷寺や清水寺と同様に西国33所霊場の一つで、第13番札所です。平安時代後期には広く貴族や皇族、庶民の間に観音信仰が広まり、観音霊場へ参詣する人たちが大勢いました。石山寺はまた、平安時代に紫式部が源氏物語を執筆したお寺としても特に有名です。 

 石山寺のご本尊は、33年に一度しか開扉されない秘仏の如意輪観世音菩薩像で、今年がその開扉の年に当たっており、大勢の団体が参詣に来られていました。 私は昨日拝観してきました(特別拝観期間は平成28年3月18日~12月4日(日))。

 本堂(国宝)は礼堂(懸造、1599年再建)・相の間・本堂(1096年再建、間口7間×奥行4間)からなる大きな建物です。
 ご本尊の如意輪観世音菩薩(国重要文化財)は本堂奥の内陣の厨子の中に安置されています。桧の寄木造りで、約5mもある巨大な丈六の如意輪観音坐像です。 ご本尊は巨大な硅灰岩の岩の上に置かれた木製の蓮華台の上に右脚を曲げ、左足を踏み下げて坐っておられました。左手は膝の上で天を仰ぎ、右手は肘を曲げて、蓮華の茎をもった状態にありました。体には漆箔が施され着衣は彩色され、円満で穏やかなお姿をされていました。本堂再建と同じ時期の平安時代後期に造像されたと考えられています。

初代本尊は塑像の如意輪観世音菩薩
  創建時の本尊は塑像の如意輪観世音菩薩でした。2002年の調査で現在のご本尊の胎内から、飛鳥時代の小金銅仏4体が発見され、これらは創建時の塑像の如意輪観世音菩薩の胎内に収納されていたものと考えられます。飛鳥時代の小金銅仏は法隆寺など限られた寺院にしか存在しないため、これらは大変貴重な金銅仏であり、創建時に聖武天皇や僧良弁などの念持仏を胎内に収納したのかも知れません。今回4体が内陣裏で特別公開されており、折しも現在、法隆寺大宝蔵院では、釈迦如来及び脇侍像(戊子年銘)(橿原考古学研究所博物館へ貸し出し中)に代わり、観音菩薩立像(白鳳時代、金銅仏、像高61.5cm)が展示されており、じっくりと拝観したあとだったので、興味深かったです。

石山寺東大門
IMG_6906s.jpg

阿形
IMG_6900s_20161008013514db3.jpg

吽形
IMG_6897s_20161008013512a0f.jpg

石山寺特別展ポスター
IMG_6893s.jpg

山内案内図
IMG_6914s_201610080135175ff.jpg

--
参道
IMG_6912s_20161008014508209.jpg

本堂(国宝)
礼堂・相の間・内陣

IMG_6926s_20161008014514907.jpg


IMG_6919s.jpg


IMG_6921s.jpg

本堂内陣建物
IMG_6924s.jpg

--
石山寺と紫式部展

IMG_6931s.jpg

IMG_6932s_20161008020001913.jpg






 
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR