FC2ブログ

夜都伎神社(やとぎじんじゃ)

山辺の道を石上神宮から桜井方面へ歩くとき、まもなく夜都伎神社にさしかかりますので、夜都伎神社については、おなじみの方も多いかと思います。直ぐ近くに、天理高校野球部グランドがありますが、ほとんどの方は気付かないと思います。

  夜都伎神社(やとぎじんじゃ)は天理市乙木町の北方、集落よりやや離れた宮山(たいこ山ともいう)に鎮座し、俗に春日神社といい、春日の四神をお祀りしています。もと指定村社です。乙木には、もと夜都伎神社と春日神社との二社があったが、夜都伎神社の社地を竹内の三間塚池と交換して春日社一社にし、社名のみを変えたのが現在の夜都伎神社です(現地看板より)。

この神社は昔から奈良春日神社とご縁が深く、明治維新までは当社から蓮のお供えと称する神饌を献供し、春日神社から60年毎に若宮社殿と鳥居を下げられるのが例になっていたようです。
 
本殿は明治39年(1906)改築したもので、春日造檜皮葺、高欄、浜床、向拝彩色7種の同形の四社殿が、琴平神社と並列して華麗で美しい。

拝殿は藁葺きでこの地方では珍しい神社建築で、もとは神宮寺で十来子(十羅刹)をまつっていました。

鳥居は嘉永元年(1848年)4月、奈良の春日若宮から下げられたものといいます。鳥居が集落の方位からはずれ神社からも遠ざかっているのは「山の辺の道」に面して建てられたからだと考えられています。鳥居はもとは二基あって、現在の朱塗の鳥居は二の鳥居で、一の鳥居は、これより西、三味田との境界にありました。

西山先生のお話では、神社の東方山地に伝説の「春日明神鹿足石」があることを、春日大社の神職が確認しているそうです。

夜都伎神社大鳥居
001IMG_8940s.jpg

現地看板
003IMG_8934s.jpg

由来
004IMG_8889s.jpg

祭神
005IMG_8890s.jpg

歌碑
006IMG_8888s.jpg

石の鳥居
010IMG_8892s.jpg

拝殿
020IMG_8928s.jpg

拝殿越し本殿
0025IMG_8916s.jpg

本殿
0030IMG_8924s.jpg

0034IMG_8912s.jpg

0035IMG_8899s.jpg

0040IMG_8901s.jpg

ご朱印
0050IMG_8925s.jpg





プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR