FC2ブログ

あなたに魅せたい秋の三塔巡り

2018年10月28日(日)、9:00~12:00まで「斑鳩の里観光ボランティアの会」の秋のウォーキングイベント、『あなたに魅せたい秋の三塔めぐり』が行われ、秋晴れの下、170名余が参加し、コスモス咲き乱れる、秋の斑鳩の里を約7キロメートル歩きました。行程は次の通りです。

 JR法隆寺駅→天理軽便鉄道跡→阿波神社→成福寺跡(伝飽波葦垣宮跡)→上宮遺跡公園→史跡中宮寺跡→法起寺→ 岡ノ宮→法輪寺→三井赤染井戸→中宮寺墓→極楽寺総墓→天満池→斑鳩神社→法隆寺境内→法隆寺iセンター

JR法隆寺駅
  9:00前には赤いジャンパーを着たスタッフの方が大勢来られ受付をしていました。JR法隆寺北口へ集合です。
  先着順に班分けがされ、次々と出発して行きました。

IMG_3607s.jpg

天理軽便鉄道跡
 JR法隆寺駅を出てまもなく、レンガ積みの鉄橋跡や、堤となった真っ直ぐな線路床跡を歩き、現在の線路をくぐりました。大正4年(1915)に開通した天理軽便鉄道は、新法隆寺から天理まで9.2キロの区間を一日13往復の便があり、団参者を運んでいたそうです。1945年に廃線とされました。

線路跡を歩く
IMG_3610s_20181030004821848.jpg

レンガ積の陸橋が残る。上はJR大和路線が走る。
IMG_3614s_201810300048223ac.jpg

阿波神社
 主祭神は素盞鳴命。春日造一間社檜皮葺。 阿波という地名は、飽波から転じたという説、阿波国からの住民の移住説がある。
 石工丹波佐吉作の狛犬と獅子がある神社として有名。丹波佐吉が刻んだ証拠に、台座に作師照信及び花押が刻まれている。

IMG_3617s_201810300048254b1.jpg

秋祭りの提灯
IMG_3622s_20181030004828c5d.jpg

普段の日の狛犬
IMG_3044s_20181030004819490.jpg

IMG_3043s_201810300048177e1.jpg

IMG_9515s_20181030221810979.jpg


 ここの狛犬は小型で高さ80cm位。頭部は扁平で彫が深く、パンチパーマのような髪の毛、眼に特徴がありウルウルしていて可愛らしく、親しみが持てる。

作師 照信 花押
IMG_3621s.jpg


成福寺(じょうふくじ)跡
 「大安寺伽藍縁起幷流記資財帳」(747年)に、推古天皇が田村皇子(後の舒明天皇)を「飽波葦垣宮」に遣し、「厩戸皇子の病状を問わ令める」という記事があります。聖徳太子は飽波葦垣の宮で薨去したという説があり、その跡に、1107年に法隆寺の寺僧實乗が、成福寺を造営したと伝えられています。現在、成福寺は廃寺となり、「不許酒肉五辛入門内」と刻まれた石標が建っています。また、境内に「太子道(高田良信書)」と刻まれた石碑が建っています。

不許酒肉五辛入門内
IMG_3624s.jpg

太子道
IMG_3623s_20181030011822395.jpg

上宮(かみや)遺跡公園

故郷創生1億円基金で造られた上宮遺跡公園です。
平成3年から行われた斑鳩町教育委員会の発掘調査で、奈良時代に称徳天皇が利用した「飽波宮」と推定される、掘立柱建築7棟分、井戸2基、溝一条が検出されました。建物一は、東西7間(21m)×南北2間(6m)、北と南に2面庇を持つ「正殿」と見なされます。また、建物2は5間×2間の東西棟の建物で、後殿とみなされます。建物5は東西2間、南北7間の南北棟の建物です。建物4は東西3間×南北3間の総柱の建物です。 建物群はコの字形に配置され、行宮または離宮と見なされます。
溝一からは平城京と同范の軒丸、軒平瓦が出土し、称徳天皇の離宮説を裏付けるものです。

上宮遺跡公園説明板
IMG_9536s_20181030221814365.jpg

掘立柱建物群
IMG_9528s.jpg

現地建物跡
IMG_9529s_20181030221813117.jpg

国史跡中宮寺跡
 イベントに備えて中宮寺跡史跡公園は草が刈られ、コスモスが一面に咲き乱れ、斑鳩の里を花で飾っていました。一見の価値ありでした。

石標 史跡中宮寺跡
IMG_1364s_20181030230757e27.jpg

中宮寺の塔と金堂跡とコスモス畑
IMG_3635s.jpg


IMG_3636s_20181030230803986.jpg

IMG_3639s_2018103023080592b.jpg

三塔の見える東屋からズームで三塔を撮影

IMG_3641s_2018103119433874a.jpg


法隆寺五重塔
IMG_3632s_20181030230800839.jpg

法輪寺三重塔
IMG_3630s_20181030230759e25.jpg

法起寺三重塔
IMG_3628s_20181030230758033.jpg

--
秋葉神社から法起寺へ
IMG_3645s.jpg


法起寺三重塔
IMG_3651s_20181030231955fa0.jpg

IMG_3668s_20181030231957d68.jpg

IMG_3674s_2018103023195834d.jpg

IMG_3653s_201810302319566f9.jpg

IMG_3663s_20181031095217d0e.jpg

IMG_3664s_20181031095218281.jpg

IMG_3669s_20181031095219fc9.jpg

--
法輪寺三重塔

法輪寺西門(上土門)
IMG_3670s_20181031095931a20.jpg

法輪寺は三井寺とも呼ばれた
IMG_3671s_20181031095932d4f.jpg

西門から三重塔
IMG_3672s_201810310959337ca.jpg

赤染井戸(山背大兄の産湯に用いた伝説の井戸が残る)
IMG_3673s.jpg

柿畑と法輪寺三重塔
IMG_3674s_20181031095935dd3.jpg

IMG_3678s_201810302320026ac.jpg


IMG_3677s.jpg

法隆寺五重塔
IMG_3689s_20181030232003f51.jpg

暮れなずむ法起寺三重塔
IMG_3693s_201810302320043ef.jpg

IMG_3697s.jpg




 
 


伊能忠敬の斑鳩・竜田測量の足跡

11月12日に奈良ファン倶楽部主催、奈良大学土平博教授の指導の下、「伊能忠敬への挑戦!-斑鳩の里瀧田で測量比べー」に参加しました。JR王寺駅集合で、王寺から斑鳩三塔まで伊能忠敬が測量した経路をたどりながら、途中定められた区間で計測を行いました。
 伊能忠敬が大和で計測を行っていることは全然知りませんでしたが、計測の様子を伊能忠敬日記に残しています。

伊能忠敬の第6次測量(四国・大和路)での「大和路測量」は文化5(1808)年11月28日~12月23日まで行われました。11月

28日: 伊能忠敬は大阪河内国高安郡神立村を出立して、河内と大和の国境の十三峠を越えて、平群の富貴畑村、富貴村、越木塚村、若井村、西宮村、椿井村、竜田村を測量し、その日は、本陣松屋孫三郎に宿をとりました。夜は晴天で星を観測しました。

29日: 竜田村を出て信貴山を往復し、勢野村、南畑村、立野村竜田大明神、華表前迄測量しました。この村に大和川支配、安村喜衛門ありと記されています。この日は王寺村で止宿しています。この村に達磨寺あり。孝霊天皇陵ありと記るされています。

30日(晦日): 王寺村を出て當麻寺に参詣。當麻寺の草創、伽藍について詳しく書かれている。

12月朔日:当麻寺を出て王寺村に戻る。王寺村から、神南村、稲葉車瀬、小吉田村、竜田村まで測量する。中食後、同署より、法隆寺村新町(又、並松という)迄測量し、印杭を残して、法隆寺門前まで測量し、九ツ頃法隆寺村へ着。止宿百姓平右衛門それより法隆寺へ越し、諸堂拝覧、霊宝一見。此の夜晴天測量。

12月2日:晴天。朝六ッ半頃、法隆寺出立。同村字新町、昨日の残印より初(法隆寺村持の東福寺村あり。人家なし。薬師寺一宇、聖徳太子の駒塚有。)松平甲斐守領幸前村に至る。此所より妙見山法輪寺へ立寄、本堂十一面観音、宗旨真言古義なり。
本堂の後に妙見の社あり。額に日本最初北辰妙見尊星王とあり。本堂の額は法輪寺前中納言総長江の筆。三重塔は薬師如来、此辺を三井村という。それより岡本法起寺へ寄、此寺真言律本高観音、三重塔あり。それより又、幸前村より同国添下郡片桐主善正在所小泉村迄測量、四ッ頃着。

--
今回、我が測量隊12月朔日、2日の行程を測量しました。全員の計測方法は歩幅×歩数で、どの程度実際の距離と合っているか、後で比べました。かなり正確に距離が出た人もいれば、そうでない人もおり、まちまちでした。しかし、自分の歩幅を決めて歩く練習をすればかなり正確に距離を測れるのではないかと思いました。私にとっては今回歩いた経路は日頃から斑鳩三塔めぐりや斑鳩~王寺のウォーキングルートでよく知っている経路だったので、伊能忠敬は江戸時代このルートで歩いたのかと納得しました。 当時の道が斑鳩にはそのまま今も残っており興味深い測量体験でした。なお、スタッフは巻き尺や、道路を転がして距離を計測する道具でも計測していました。

 GPSを使えば現在では一瞬で計測できますが、それは、符号理論に基く、ノイズ除去やその他の衛星が計測した複雑なデータの計算を、優秀な技術者がコンピュータプログラムとして残したからであって、一朝一夕でできるわけがありません。地震などの災害時などにはガラパゴスの計算が役に立ちますので、自分の足で距離を計測することも重要なのではないかと思いました。

JR王寺駅集合 御用旗の下
IMG_6121s.jpg

大和川(王寺町) 台風21号の水かさが分るごみが残っています。
IMG_6129s_2017111900002293c.jpg

大和川堤から孫七瓦看板を左に90度折れて竜田方面へ向かう
IMG_6134s_20171119000022a50.jpg

登れば式内社神岳神社
IMG_6135s.jpg

道標 左たつた
IMG_6136s.jpg

--
竜田川 塩田橋
IMG_6140s.jpg

竜田川はこの前方で大和川へ合流
IMG_6150s_201711190003445e7.jpg

稲葉車瀬環濠集落の掘
IMG_6154s.jpg

ぽっくり吉田寺(きちでんじ)
IMG_6164s_20171119001616ab6.jpg

竜田神社
IMG_6166s.jpg

法隆寺門前
IMG_6179s_2017111900161987f.jpg

幸前へ向かって測量
IMG_6183s_201711190016209af.jpg

溜池 わらで作った馬2頭
IMG_6186s.jpg

法起寺山門
IMG_6188s.jpg

コスモス咲く法起寺
IMG_6196s.jpg

斑鳩三塔ウォーク その2

 斑鳩三塔ウォークは法起寺をあとに、法輪寺に向かいました。途中、岡の原ポケットパークで山背大兄王の陵墓参考地になっている岡の原についてガイドの方から説明を受けました。 岡の原の上は宮内庁の陵墓参考地になっているのですが、丘の裾は民有地で農地となっているので通常は入ることができません。

 まもなく法輪寺に到着して、少し休憩タイムとなりました。 その後、法輪寺裏を半周して三井の井戸へ向かいました。法輪寺は三つの井戸がある場所に建てられているので三井寺とも呼ばれていました。井戸はなかなか古風な雰囲気のある井戸で、聖徳太子や山背大兄王のお子たちが使ったとのではないかと思うと大切に思えてきました。今はめったに訪れる人もなくひっそりとしていました。

 次に、法輪寺からサイクリング道をたどって、斑鳩天満宮に到着しました。もともとは法隆寺境内にあったが廃仏毀釈のときにここに移転したようです。 次に、大規模な極楽寺の総墓の前を通り、法隆寺の裏山を通り、ウォーナー塔に立寄り、法隆寺iセンターへ帰りました。約8キロを3時間かけて秋の斑鳩の里を歩き、秋の雰囲気を満喫しました。

案内地図
IMG_9567s.jpg

岡の原((伝)山背大兄王墓所 宮内庁 富郷(とみのさと)陵墓参考地)
IMG_9565s.jpg

説明板
IMG_9562s_201611222308551dd.jpg

法輪寺山門
IMG_9571s.jpg

三井寺銘瓦
IMG_9572s.jpg

三井の井戸
IMG_9579s.jpg

説明板
IMG_9584s.jpg

法輪寺を離れます
IMG_9589s.jpg

継子地蔵
IMG_9599s_201611222321550f4.jpg

天満宮斑鳩神社
IMG_9601s.jpg
 
斑鳩の里
IMG_9607s.jpg

法隆寺裏山に沿って歩く
IMG_9608s.jpg

風呂(サウナ)の跡(廃屋)
IMG_9609s.jpg

西円堂
IMG_9611s.jpg

裏山近辺
IMG_9615s_20161122232716f3c.jpg

ウォーナー塔 & 鐸嶺塔
IMG_9618s_2016112223334312d.jpg

法隆寺五重塔と紅葉
IMG_9619s_20161122233345c87.jpg



 

斑鳩散歩 その5(伊弉冊神社)

伊弉冊神社は、斑鳩町五百井の集落の西北に所在し、祭神は伊弉冊命です。読み方は「イザナミ」(女)のはずですが、地元ではなぜか「イザナギ」(男)と発音する。明治の初めまでは白山神社とよばれ、廃寺となった西隣にある福安寺の鎮守社であった。本殿は一間社春日造であるが、三斗・蟇股・海老虹梁・浜床など装飾性に富み、浅野清氏は室町時代の貴重な建築であることを見抜かれ、そのご尽力で早くも昭和29年に国の重要文化財に指定された。昭和45年の解体修理で、天正8年(1580年)の墨書も発見されている。覆い屋はそのとき設置された。拝殿には幕末から明治の絵馬が掲げられている。

伊弉冊神社入口
IMG_2212s.jpg

神社境内
IMG_2206s.jpg

拝殿
IMG_2160s.jpg

覆い屋
IMG_2201s.jpg

本殿(一間社春日造)
IMG_2161s.jpg


IMG_3909s_201603262204362ed.jpg

IMG_3907s_201603262204355ee.jpg

IMG_3914s.jpg

装飾性に富む蟇股
IMG_3905s_20160327111443e81.jpg

美しい海老虹梁
IMG_3895s.jpg

拝殿の絵馬
IMG_2200s.jpg






斑鳩散歩 その4(大方家)

筒井家の代官職であった大方家は桃山時代に帰農し庄屋をつとめ、明治33年からニシキ醤油を創業しました。その母屋と長屋門の一部は江戸時代の建物です。持仏堂が残っており、蓮乗院には古い仏像が残っています。

ニシキしょうゆの看板
IMG_2145s.jpg

大方家
IMG_2149s.jpg

長屋門
IMG_2152s.jpg

持仏堂
IMG_3866s.jpg
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR