FC2ブログ

紫香楽宮跡現地説明会

紫香楽宮跡現地説明会 
 紫香楽宮は聖武天皇742~745年まで都を置き、大仏造顕の詔を出した所です。
2012年1月22日午後1時30分より開催された滋賀県甲賀市教育委員会による史跡紫香楽宮跡(宮町遺跡第40次)発掘調査現地説明会に参加しました。前日来の雨で発掘調査地は水に浸っていましたが関係者の水抜き作業により説明会が無事実施されました。宮町遺跡の発掘調査は、1984年に信楽町教育委員会により第1次発掘調査が開始されて以来、今回で第40次調査となります。
 今回の調査区は朝堂北方区画における東側の建物IVの柱跡を検出しました。東西(桁行7間)24.8m×南北(梁行5間)14.8の大型建物跡で内裏にふさわしい荘厳な雰囲気の建物だそうです。柱の掘形は一辺1.3mから1.5mの四角で、柱は直径35cmから40cmあります。 

<写真:紫香楽宮建物跡(内裏か?)>
西から東方向を撮影。左が北、右が南。白い4本のテープが柱跡。
sigaraki-4-2
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR