FC2ブログ

平城宮跡東区朝堂院朝庭における大嘗宮遺構

平城宮跡における大嘗宮遺構

 奈良文化財研究所では令和の大嘗祭にちなみ、これまでの発掘調査に基づき最近「特別史跡 平城宮跡 大嘗宮」(2019年11月発行)というパンフレットを作成し配布しています。本稿はこれを基にしています。

IMG_4974m.jpg

大嘗祭とは

天皇が即位後最初に行う一世一度の新嘗祭(にいなめさい)を大嘗祭(だいじょうさい)という。新嘗祭は毎年11月下旬に五穀豊穣や国家安寧などを祈願する収穫祭で、新米を炊いたご飯や、新米で醸造したお酒などを神々に供え、天皇自身もこれを飲食する祭儀です。
大嘗祭では通常の新嘗祭とは異なり、臨時の祭場大甞宮(だいじょうきゅう)を造り、祭儀が終わると、建物は直ちに取り壊されます。
 平城宮で即位した天皇は、元正(711年)、聖武(724年)、孝謙(749年)、淳仁(758年)、称徳(765年)、光仁(771年)、桓武(781年)の7代です。孝謙天皇は平城宮の外で大嘗祭をおこなったとみられます。

平城宮東区朝堂院朝庭部では、発掘調査によって5期分の大嘗宮の悠紀院の遺構が検出されています。現在、平城宮跡東区朝堂院朝庭部には、奈良時代後半の光仁天皇即位にともなう大嘗宮跡の遺構がレンガ敷きなどで復原表示されています。その区画の全体規模は、東西約65m、南北約45mです。

大嘗宮の建物配置
 平安時代の「儀式」に書かれている大甞宮の建物配置図をパンフレットから抜き出して
以下の図に示します。これによると、大嘗宮は東の悠紀院(ゆきいん)と西の主基院(すきいん)を東西対称に配置し、それぞれ南半部には南北棟の正殿と御厠(みかわや)が置かれ、北半部には稲を精白するための臼屋(うすや)と米を炊くための膳屋(かしわや)が置かれます。これらの建物は柴垣によって囲まれます。両院の北側には天皇の控えの御座所および湯屋としてつかわれる廻立殿が設けられる。

IMG_4991m.jpg


光仁天皇の大嘗宮(イラスト:早川和子 作)
IMG_4995m.jpg

--
平城宮第二次大極殿跡から朝堂院方向
IMG_4723m.jpg

第二次大極殿と朝堂院(12堂)銅板表示
IMG_4724m.jpg

朝堂院朝庭は草刈り清掃されている(北から南方向)
IMG_4732m.jpg

光仁天皇期大嘗宮遺構表示(発掘調査は東の悠紀院のみ実施) 北から南方向
IMG_4737m.jpg

大嘗宮遺構(北から南方向)
IMG_4738m.jpg

南東から撮影した大嘗宮遺構。後方に第二次大極殿跡が見える
IMG_4814m.jpg


IMG_4819m.jpg

主基院の建物遺構
IMG_4823m.jpg

--
若草方面のススキ
IMG_4798m.jpg

オギ(平城宮跡で後日、看板を見つけました)
IMG_3830m.jpg

IMG_3831m.jpg

平城宮阯保存記念碑
IMG_4782m.jpg

史跡平城宮阯碑
IMG_4778m.jpg









平城宮第二次大極殿跡

 元明天皇は710年に都を藤原京から平城京に遷都し、朱雀門の北の少し高い土地に大極殿を建立した。 後に造営された大極殿と区別するために、これを第一次大極殿と呼ぶ。その後、740年に、聖武天皇は平城京を離れて、恭仁宮(740)、難波宮(744)、紫香楽宮(744)を転々としたが、745年、平城宮に還都し、壬生門の北に大極殿を建立した。これを、第二次大極殿と呼ぶ。

 現在の平城宮跡では、第一次大極殿院と、第二次大極殿院のエリアの間に、南北に自動車道が通っており、通称「みやと通り」と名付けられている。 「みやと通り」近くにある休憩所に掲げられた平城宮跡の地図を以下に示す。

--
平城宮跡地図
IMG_4159t.jpg

みやと通り
IMG_4162t.jpg

---------------------------------
第二次大極殿跡

 聖武天皇は平城還都後に、この場所に礎石建ち瓦葺の第二次大極殿を新しく建立したと推定されている。それ以前は記録に見える掘立柱建物の「大安殿」があったという見方もある。現在は、基壇を復原し、新しい礎石を配している。 第一次大極殿より少し小さいが、間口9間(38m)×奥行4間(16m)、高さ21mの建物があったと想定している。階段は正面に3基復原されている。

正面には、大殿極阯の石碑が立てられている。また、七個の幡立てが設置されている。

大極殿の周囲には複廊の築地回廊がめぐり、南に南門が開き、大極殿院を構成する。

--
石碑
IMG_4260t.jpg

階段
IMG_4236t.jpg

幡立て
IMG_4249t.jpg

7個の幡立てと第一次大極殿
IMG_4259t.jpg

基壇の上
IMG_4224t.jpg

IMG_4264m.jpg


銅板による大極殿と朝堂院建物案内図
IMG_4209t.jpg

複廊築地回廊礎石復原
IMG_4204t.jpg

みあと通りから基壇
IMG_4296t.jpg

第一次大極殿院エリアから、みあと通り、を横切って第二次大極殿院エリアへ行く道
IMG_4167t.jpg






平城宮跡歴史公園

今春、2018年3月24日に、国営平城宮跡歴史公園内の朱雀門前広場が整備され、諸施設がオープンしました。 5月の連休に入って、多くの観光客で賑っていますが、 広大な広場ですので混雑感はありませんでした。 各館では、天平衣装の多くのボランティアの方が、笑顔でお客様のおもてなしをされており、好感がもてます。

平城宮跡は約132万㎡の面積があり、甲子園球場約34個分、法隆寺が7個も入る広大な奈良時代の都の跡です。 多くの先達の努力によって、特別史跡として国有地となり、国営公園(一部は、奈良県)として保存されました。 この地に立って、奈良時代と変わらぬ、春日の山々や朱雀大路の景観を眺望しながら、天平時代の人々や、諸外国との交流に想いを馳せると、奈良時代の歴史が現代の歴史とつながっているのだと、つくづく思い知らされます。

 朱雀門ひろばの朱雀大路の西側には、①天平みはらし館、②天平つどい館、③天平みつき館、④天平うまし館が建てられ、観光客が集える場所になっています。 東側には、⑤平城宮いざない館が建てられ、平城宮200分の1の復元模型や、復元された第一次大極殿の5分の1の構造模型が展示されるなど、平城宮について学習できる展示が満載です。

入口には復元遣唐使船が展示されており、乗船して、体感できるようになっていました。パネルには通常1週間で中国に渡ることができたとありました。帆を張り風の力で船を推進したのでしょう。

朱雀門広場
IMG_0645s_20180429233614e22.jpg

朱雀大路の両端に柳の並木道
IMG_0806s.jpg

朱雀門
IMG_0719s_20180429233627093.jpg

復元遣唐使船(横から)
IMG_0655s_20180429233617af7.jpg

復元遣唐使船(船首から)
IMG_0656s.jpg

隋と日本(610年頃)
IMG_0694s_20180429233620067.jpg

遣唐使の航路
IMG_0705s_2018043006362475e.jpg

--
朱雀門ひろば館配置図
IMG_0648s_2018042923361541e.jpg

--
平城宮いざない館
IMG_0721s_2018042923362965b.jpg

復元第一次大極殿構造模型
IMG_0763s.jpg

入母屋造り(一部法隆寺金堂モデル)
IMG_0749s_20180429233632a03.jpg


折上組入れ天井(法隆寺金堂内陣天井モデル)
IMG_0732s.jpg

支輪板解説
IMG_0744s.jpg

支輪板
IMG_0745s_20180505075627ada.jpg


大極殿パネル
IMG_0769s_2018043006362570f.jpg

平城宮復元模型
IMG_0792s.jpg

--
天平つどい館
IMG_0717s_2018042923362640e.jpg

--
天平みはらし館
IMG_0715s_20180429233623d52.jpg

朱雀門(復元二条大路)・若草山方面
IMG_0713s_20180429233621095.jpg 

平城宮跡 大極殿方面
IMG_0709s.jpg

平城京宮跡庭園修復現場公開

奈良市は2月6日、7日修復工事中の「平城京左京三条二坊宮跡庭園」(特別史跡・特別名勝、奈良時代)の現場を初公開し、現地説明を行いました。この庭園は昭和50年の郵便局建設に伴う事前発掘調査で、奈良時代の姿を現わし、遺跡が保存されました。この庭園はS字形の池を持つ宴遊施設だったと見なされており、昭和59年から現場を公開してきましたが、経年劣化で景石などの保存修理が必要になり、現在素屋根をかけて修復工事を行っています。現場は、長屋王邸跡であった旧そごう百貨店(現在はイトーヨーカ堂)正面の大宮通りの向かい側にあります。先日の奈良警察署跡の発掘現場もすぐ近くです。

大宮通り(若草山方面)
IMG_1182s_20160207235836eda.jpg

平城京左京三条二坊宮跡庭園
素屋根の中が池跡史跡、右側(西)に復原建物
IMG_1177s_20160207230917804.jpg

内部からイトーヨーカ堂方面
IMG_1148s_20160207235835012.jpg

表の看板
IMG_0972s.jpg

宮跡庭園石柱
IMG_0983s_20160207231414db5.jpg

修理現場説明会場案内
IMG_0974s.jpg

平城京地図
IMG_0976s.jpg

特別史跡説明版
IMG_0985s_20160207230916306.jpg

庭園跡
IMG_1125s_201602072341120e9.jpg

IMG_1009s_20160207233000fed.jpg

IMG_0980s_20160207232958c2d.jpg

IMG_1003s_20160207232959d17.jpg

景石
IMG_1004s_20160207232959377.jpg

現場公開:池の底の石と立てられた側石
IMG_1038s.jpg

景石抜き取り穴
IMG_1041s.jpg


IMG_1080s.jpg

IMG_1061s.jpg

IMG_1072s.jpg

IMG_1086s.jpg

IMG_1114s.jpg

復元建物
IMG_1130s.jpg

内部
IMG_1023s.jpg









平城京発掘調査現地説明会

2015年12月20日橿原考古学研究所は平城京左京三条二坊十四坪(警察署跡地)の発掘調査現地説明会を行いました。現地説明会には1000名を越える参加者が来られたそうです。この地区は平城京の一等地で、すぐそばに長屋王邸宅跡地(旧そごう百貨店跡地。遺跡を破壊して建設)、藤原仲麻呂邸跡など日本史の教科書に名前が出てくる邸宅があります。 平城京の一坪は一辺108mの広大な面積を占めています。

ここで、掘立柱建物が37棟検出されました。また、10基の井戸が検出されました。その内、1基は六角形の井戸で平城京では2例目の珍しい形の井戸だそうです。調査区北西部の大型土坑からは、三彩瓦片38点が出土しました。今回の発掘調査によって邸宅の一坪の利用方法が分かる貴重な遺構だそうです。


現地説明会場
IMG_8141s_20151221180430d49.jpg

二条大路(上)と三条大路(下)の間の第十四番目の坪
IMG_8171s_20151221180435d4d.jpg

一坪の広大さ
IMG_8254s.jpg

一坪の広大さ(続)
IMG_8140s_201512211819217ba.jpg

一坪全体(あと数十メートル後ろまであります)
IMG_8143s_20151221181922b3f.jpg


柵3
IMG_8238s.jpg

井戸6(六角形)
IMG_8233s.jpg

井戸1
IMG_8257s.jpg

柱根
IMG_8220s.jpg
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR