FC2ブログ

等彌神社 その2

 等彌神社境内には有名な詩人の佐藤春夫、堀口大学(慶応大学仏文科の同期生)の友情歌碑が建立されています。先日、参拝した時、この歌碑は境内の少し奥の方へ移設されていました。右側の佐藤春夫の歌碑は彼が亡くなってから建立されたので、堀口大学の友情の手紙を書いた碑が真中に建立されています。 左側には堀口大学の句が刻まれています。大変珍しい友情碑で桜井市が顕彰しています。

佐藤春夫・堀口大学 友情歌碑(移設された場所)
IMG_3637s.jpg

佐藤春夫歌碑
  「大和には みささぎ多し 草もみじ」
                                   春夫

IMG_3633s.jpg

堀口大学の手紙
  「等弥神社々頭のかの春夫兄の句碑の脇に老生の歌碑をお建て下さるとのこと これは願ってもない幸せ、よろこんで お受けいたします。 お互いが二十才にもまだならぬ頃から、長い一生のあいだ老生をいたわり導き続けてくれたこの友の、世にたぐいない友情と、これに慕いよる老生の心の後の世の姿として何ものがこれにまさりましょうぞ。」 
                           昭和四十八年七月二十一日 

IMG_3632s.jpg

堀口大学歌碑
  「さきに来て等弥の おん神をろがみし 友につづきて われもをろがむ」
                                                        大学

IMG_3636s.jpg
 
下津尾社拝殿横に保田與重郎作、棟方志功版画の碑が建立されています。
 「鳥見山の かの面 この面をまたかくし 時雨は 夜の雨と なりけり」
         (保田與重郎歌 棟方志功画)

IMG_3664s.jpg

IMG_3663s.jpg

-------------------------------------
桜井市立図書館

  等彌神社境内を出て道路を横断した所に設置されている階段を降りると桜井市立図書館の横手に出ます。そこに、紀鹿人(きのかひと)作、保田與重郎書の万葉歌碑が建っています。茂岡は鳥見山北畔の地名だそうです。万葉時代に植わっていた松を称えた歌です。

IMG_3610s.jpg


IMG_3618s.jpg

保田與重郎作・揮毫の歌碑(隣に建つ)
 「鳥見山のこの面かの面またかくし時雨は夜の雨となりけり」
                                  與重郎

IMG_3616s_20150917003857e33.jpg





 
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR