FC2ブログ

生前から菩薩と呼ばれた僧 忍性 その5

 忍性の足跡をたどって最後に生駒市の竹林寺にやってきました。竹林寺には行基と忍性のお墓があります。行基は40歳ごろから生駒山の東陵に「生駒仙房」または「草野仙房」を築き、生駒谷でも活動しました。 竹林寺は行基が築いた庵を前身とするようです。文殊菩薩の霊場・聖地である中国五台山大聖竹林寺にちなみ、竹林寺の寺号が付けられました。

 現在、竹林寺は唐招提寺を本山とする律宗の寺院ですが、無住で近所の方が管理しているようです。本堂が新しくなり、本尊の文殊菩薩騎獅像が安置されており、今回拝顔させて頂きました。

参道入り口の碑
IMG_1875s.jpg

IMG_1880s.jpg

竹林寺
IMG_1888s.jpg

IMG_1891s.jpg

史跡行基墓
IMG_1897s.jpg

IMG_1894s.jpg
IMG_1899s.jpg

---------------------------------------------
忍性墓
IMG_1907s.jpg

IMG_1905s.jpg

IMG_1908s.jpg

------------------------------------------------------
古墳時代前期の前方後円墳です。生駒谷では最も古い古墳です。
IMG_1885s.jpg



 

竹林寺と行基・忍性墓

 竹林寺(真言律宗)は奈良時代に行基が創建したと伝えられており、現在は唐招提寺の末寺である。1997(平成9)年にお堂が再建整備された。行基(668~749)は奈良時代の高僧で、15歳で出家し道昭・義淵らに法相宗を学んだが、やがて民衆と土木事業を起こし、一時活動を禁止されたが、聖武天皇の大仏建立に力を尽くした功績により、我が国最初の大僧正に任じられ、文殊菩薩の化身と崇められたが、749年(天平21年2月)に菅原寺(現・喜光寺)で亡くなり遺命により、40歳以降母と暮らした生駒山東稜の地にある竹林寺に葬られた。

 1235(文暦2)年、竹林寺の僧によって文殊堂付近にあった行基の墓所が公開発掘され、墓誌銘のある銅製骨壺が発見され、一大行基信仰ブームが巻き起こった。西大寺中興の祖叡尊・その弟子忍性も止宿し、竹林寺は大いに栄えた。特に、忍性(1217~1303)は公開発掘に毎日参加して文殊菩薩と行基信仰に情熱を注ぎ、やがて慈善救済事業に力を尽くした。関東に律宗を広め鎌倉極楽寺で入滅した後、忍性の遺命により、お骨は竹林寺、極楽寺、額安寺(かくあんじ、大和郡山市)に分骨された。

<竹林寺山門>
IMG_4741s.jpg

<お堂>律宗 本尊 文殊菩薩騎獅像
IMG_4740s.jpg

<行基顕彰碑>
IMG_4738s.jpg

IMG_4739s.jpg

<行基墓>国史跡(大正10年3月3日史跡指定)

IMG_4587s.jpg

IMG_4737s.jpg

IMG_4589s.jpg


<忍性墓> 

IMG_4731s.jpg

IMG_4730s.jpg




プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR