FC2ブログ

藤の木古墳の被葬者は誰か

11月3日葛城市當麻文化会館において橿原考古学研究所主催の公開講演会「後期・終末期古墳とその被葬者像について」がありました.講師は人類学者の片山一道氏,考古学者の白石太一郎氏,古代史学者の和田萃氏の各大家です.

1.古墳の被葬者像を人類学から探る――片山一道氏
 藤ノ木古墳の被葬者について鑑定した結果,
 ・北側の人骨はほぼ全身の骨格が残り,男性で20歳前後,身長164cmの高身長,少年期に足の甲を怪我し自然  治癒したあとがある.華奢な人である.血液型はB型である.

 ・南側の人骨は恐らく男性で壮年で死亡(20~40歳).かなり大足で高身長.たおやかで武骨ではない男性  像.血液型はB型.足の骨格はまるごとよく残っておりほぼ間違いなく男性の骨である.

2.古墳の被葬者を考える--白石太一郎氏

<藤ノ木古墳の被葬者について> 
藤ノ木古墳の被葬者は穴穂部皇子宅部皇子ではないか.日本書紀では587(用明2年)に蘇我馬子により殺害されたとある.また,片山氏の人骨鑑定結果とも一致する. 穴穂部皇子は欽明天皇と蘇我稲目の娘小姉君の間で生まれた子である.また,「本朝皇胤紹運録」によれば宅部 皇子は穴穂部の皇子と同母兄弟であるので合葬についての説明ともなるのではないか.

 二人の被葬者のそばに,それぞれ伊勢神宮の神宝の玉纒太刀(現在,聖武天皇の太刀が正倉院展で展示中)の原型と見られる見事な倭風の装飾太刀がおかれていた.また,見事な華麗な鞍金具を持つ馬具や挂甲,4面の銅  鏡,冠・沓などの副葬品があった.

<高松塚古墳の埋葬者について> 
 高松塚古墳の横口式石棺の形式は平城遷都直後の720年前後と推定できる.壁画には星座・十ニ支だけでなく人物群像がある.男性の一人が持つ蓋は深緑で頂部と四隅に房を下げるところから従一位の高官を表す.

死後,従一位を賜った高官は藤原不比斗と石上麻呂がいる.藤原不比斗の墓は多武峰にある.石上麻呂は遷都の際平城京へは行かず,藤原京留守司であった.

以上から高松塚古墳の被葬者は石上麻呂と推定する.なお,高松塚古墳の位置は石上麻呂が支えた真の文武天皇陵と目される中尾山古墳の兆域のすぐ南に位置する.

3 古代史研究からみた終末期古墳――和田 萃氏
<藤ノ木古墳の被葬者について> 
 日本書紀崇峻天皇の項に,「物部の大連が穴穂部皇子を立てて天皇とせむとする」という記事がある.蘇我馬子が「穴穂部皇子と宅部皇子を誅殺せよ」と命じ,穴穂部皇子の宮をを囲むとある.この宮は斑鳩にあったのではないか.斑鳩は飛鳥からの筋違道が大和川と交差する場所であり,龍田越えで物部守屋の本拠地河内と結ばれている要衝の地である.地元では古くから崇峻天皇の墓であるとの言い伝えがあるが,片山鑑定や日本書記の記述,副葬品等から北側は穴穂部皇子,南側は宅部皇子と考えて良いのではないか.

<高松塚古墳・中尾山古墳など終末期古墳について>
 キトラ古墳は7世紀末,高松塚古墳は8世紀初の円墳であり壁画で有名であるが八角形墳ではない.高松塚古墳の近くにある中尾山古墳は八角形墳であり,真の文武天皇陵であると考えられている.中尾山古墳の石棺は90㎝立方の小さいが,立派な石室である.以前,明日香豊浦の古宮土壇から出土した金銅製四環壺(宮内庁三の丸尚蔵館蔵.現在,飛鳥資料館秋季特別展示「飛鳥遺珍」で展示中)は,何らかの手違いで中尾山古墳にあった骨壺である蓋然性が高い.

 続日本紀に文武天皇陵は檜前安古岡上陵とあるが,安古(あこ)は赤穂(あこ)に通じる.日本書記天武天皇七年四月条に十市の皇女(父は天武天皇,母は額田王,夫は壬申の乱で自害した大友皇子,子は葛野王)を赤穂に葬る.また,十一年正月条に天武天皇の氷上夫人(ひかみのおほとじ)を赤穂に葬るとあるが,赤穂は奈良市高畑ではなく中尾山古墳や高松塚古墳近辺ではないか,今後の調査が待たれる.

 和田先生は八角形陵の起源について考えを述べられた.八角形の古墳は舒明陵(桜井市忍阪)に始まり,牽牛子塚古墳(真の斉明陵,明日香村),天智天皇陵(京都山科),天武・持統陵(明日香村),束明神古墳(真の草壁皇子陵,高取町佐田),中尾山古墳(真の文武陵,明日香村)がある.

八角形は大八洲(日本が八つの島から成る)から来ているのではないか.万葉集第一に「八隅知之」(やすみしし,八つの隅を治める意)という言葉が出てくる.日本書紀には雄略天皇は壇(たかみくら)を設けて即位を宣言したとある.これから八角形の高御座になったのではないか.八角形墳はこの考えから来ているのではないか.






 
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR