FC2ブログ

山の辺の道の風景

先日、山の辺の道を海石榴市から黒塚古墳まで歩いてきました。山の辺の道は海石榴市から石上神宮を経由して奈良坂まで続きます。崇神天皇は磯城瑞籬宮に都を構えましたが、その御陵は天理市の柳本古墳群にある崇神天皇陵(山辺道勾岡上陵(やまのべのみちのまがりのおかのへのみささぎ))に比定されています。古墳の名称から古くから山辺道があったことが分ります。

大美和の杜展望台
 狭井神社近くの柿山展望台から大和三山が香久山、畝傍山、耳成山の順に一直線に並んで見えます。大神神社祈祷殿前に歌碑の広場があります。その中に、黛敏郎揮毫の五線譜の歌碑があります。日本武尊作「大和は国のまほろば たたなずく青垣 山隠れる 大和しうるわし」に曲が付いています。 黛敏郎氏は犬養孝先生の教え子で、万葉集に造詣が深かったそうです。日本武尊は纒向日代宮を都とした景行天皇の息子です。三重亀山市近くの能褒野で、死に臨んで詠んだ望郷の歌です。

DSCF8127s.jpg

大神神社の大鳥居は法隆寺の五重塔と同じくらいの高さがあります。
背後は左が金剛山、右が葛城山です。金剛山から続くダイヤモンド・トレールは葛城山を経由して二上山へと続きます。
DSCF8128s_20161226230308835.jpg

桧原神社
最近、桧原神社の三つ鳥居が新しくなりました。伊勢神宮で使われていた材を使って新しく建替えられました。
DSCF8134s_201612262337274a7.jpg

水森かおり歌碑
 桧原神社から石段を下り、二上山の方向へ数十メートル行くと左手に水森かおりさんの歌碑がありました。ひと際立派な歌碑で少し驚きました。
DSCF8129s_201612262337261fa.jpg

大和路の恋という歌だそうです。
DSCF8130s.jpg

秀麗な三輪山はここから先は見えなくなります。
山辺の道では歌碑と三輪山が最もきれいに見える場所です。
DSCF8135s_20161226233729153.jpg

大和三山が重なって見える場所
DSCF8139s.jpg










山辺の道--柳本から纏向へ--その6(最終回)

JR柳本駅⇒黒塚古墳⇒柳本旧陣屋⇒天神山古墳⇒崇神天皇陵⇒櫛山古墳⇒景行天皇陵⇒纏向日代宮跡碑⇒(相撲神社)⇒(穴師坐兵主神社⇒珠城山古墳群⇒吉野川東部幹線水路⇒纏向珠城宮跡碑⇒巻野内石塚古墳⇒JR纏向駅

吉野川東部幹線水路

 昭和25年に元京都祇園演舞場で和歌山県と奈良県の水利協定が締結され、大和平野土地改良事業が着工され、昭和62年に完了しました。吉野川の水が毎秒9トン農業用水として取水され東部幹線水路と西部幹線水路に分けて送られています。東部幹線水路は山辺の道に沿って北上し、末端は奈良市にまで達しています。

IMG_8674s_20141019233549a37.jpg

垂仁天皇纏向珠城宮跡碑

 日本書紀垂仁天皇2年10月条に、「纏向に都をつくり珠城宮と名付けた」という記事があります。珠城山古墳群の西方の地に「垂仁天皇纏向珠城宮跡碑」が建てられています。付近に残る「玉井」、「玉池」等の地名が比定の根拠とされています。第10代崇神天皇磯城瑞垣宮、第11代垂仁天皇纏向珠城宮、第12代景行天皇纏向日代宮と三代に渡って宮がありました。

IMG_8668s.jpg

巻野内石塚古墳

 纏向川扇状地に築かれた前方後円墳で後円部径は35mです。開墾で前方部が平坦化され、円墳のようになっているが、墳丘から北北東に前方部が延び、斜行する畦に痕跡が伺えます。3世紀に築かれたホケノ山古墳と築造時期が近接する可能性が指摘されています。墳丘に貼られた葺石を石垣に転用しています。

IMG_8677s.jpg

IMG_8675s_20141019232503752.jpg

IMG_8678s.jpg

--
<消滅する古墳>
IMG_8669s_2014101921302850b.jpg


山辺の道--柳本から纏向へ--その5

 JR柳本駅⇒黒塚古墳⇒柳本旧陣屋⇒天神山古墳⇒崇神天皇陵⇒櫛山古墳⇒景行天皇陵⇒纏向日代宮跡碑⇒(相撲神社)⇒(穴師坐兵主神社⇒珠城山古墳群⇒吉野川東部幹線水路⇒纏向珠城宮跡碑⇒巻野内石塚古墳⇒JR纏向駅

珠城山(たまきやま)古墳群 

纏向の穴師山から西に延びる丘陵の先端に3基の前方後円墳が築かれている。東から珠城山1号墳・2号墳・3号墳と命名されているが、3号墳は宅地造成によって消滅した。これら3基の古墳はすべて6世紀ごろの築造と考えられている。
1号墳…全長50m、前方部を東に向ける。後円部には南に開口する全長4.7mの横穴式石室がある。石室内には組み合わせ式の横穴式石室が納められ、金銅製空勾玉、耳環、環頭太刀、槍、鉄鏃、挂甲、馬具、工具、土器などが出土した。
2号墳…前方部を西に向けた全長75mの前方後円墳である。
3号墳…全長47.5m、前方部を東に向け後円部と前方部にそれぞれ横穴式石室をもつ。
-----

<珠城山古墳群へ至る道>
IMG_8618s_2014101921110040b.jpg

IMG_8622s.jpg

現地看板: 【国指定史跡 珠城山古墳群(珠城山古墳群)】
IMG_8660s.jpg

---------看板書き下し---------
国指定史跡 珠城山古墳群(珠城山古墳群)

珠城山古墳群は古墳時代後期(6世紀)に築造された前方後円墳3基からなる古墳群で発掘が行われた1・3号墳からは、環頭太刀や金銅装馬具などの豪華な副葬品が出土しています。2→1→3号墳の順に築かれたと考えられ、この地域を支配していた豪族が代々築いたものだと思われます。1950年頃から行われた度重なる土砂採集により、3号墳の大部分は失われましたが、その他の部分は保存され、1978年2月に国の史跡に指定されました。その後、墳丘調査が行われ、2・3号墳間から円筒埴輪列や盾持ち人物埴輪が出土するなど多くの成果がありました。現在、1号墳の墳丘や横穴式石室、2号墳の墳丘が見学できるようになっています。
                                               平成19年3月 桜井市教育委員会


<珠城山3号墳(消滅した古墳)>
看板
IMG_8648s.jpg

現況
IMG_8651s.jpg

<珠城山1号墳>
IMG_8629s_20141019211600718.jpg

IMG_8635s_20141019211603163.jpg

IMG_8633s_20141019211604523.jpg

IMG_8636s_201410192116052de.jpg

IMG_8638s.jpg
--
IMG_8655s.jpg

IMG_8656s.jpg

IMG_8657s.jpg

IMG_8658s.jpg

IMG_8659s.jpg






山辺の道--柳本から纏向へ その4

JR柳本駅⇒黒塚古墳⇒柳本旧陣屋⇒天神山古墳⇒崇神天皇陵⇒櫛山古墳⇒景行天皇陵⇒纏向日代宮跡碑⇒(相撲神社)⇒(穴師坐兵主神社⇒珠城山古墳群⇒吉野川東部幹線水路⇒纏向珠城宮跡碑⇒巻野内石塚古墳⇒JR纏向駅

景行天皇陵(渋谷向山古墳)

 渋谷向山古墳は宮内庁により「山邉道上陵」(やまのべのみちのえのみささぎ)として第12代景行天皇の陵に治定されている。現在の山辺の道は景行天皇陵の上(後円部の上)の道を通っているが、古代の山辺の道は治定によれば下を通っていたのではないかと考えられる。景行天皇陵辺りの山辺の道から、大和三山や金剛・葛城・二上の山々を眺望したときの景色は、得もいえず美しいまほろばであり、誰もが息を呑む風景です。 以下箇条書きで特徴を示します。

1. 所在地:天理市渋谷町
 御陵在山辺之道上也(古事記)、山辺道上陵(日本書紀)

2. 墳丘
  形状:龍王山から西に延びる尾根の先端に築かれた前方後円墳。
 大きさ:全長300m、前方部幅170m、後円部径168m。日本で第7位の大きさ、奈良県内では見瀬丸山古墳に次いで第2  位。古墳時代前期に築かれた古墳としては日本最大規模。
 方向:前方部はほぼ西向き。
築成:諸説あり。前方部3段、後円部4段築成説が有力。
 葺き石:後円部東北の渡り堤から、30度の勾配をもつ葺石の跡が発見されている。
築成時期:古墳時代前期(4世紀中頃)。

3. 周濠
 周囲約1kmの濠がある。周濠幅は15mで東端と西端の高低差が20mあり、後円部側6ヶ所、前方部側4ヶ所の合計10ヶ所の渡り堤によって、階段状に区切られている。周濠は崇神陵のものより原形をとどめており、段数を多くし、より小さく区分された濠がめぐっている。現在の姿は、江戸時代末の修陵事業によるもので、古墳築造当時の姿とは異なる。

4.出土物
 宮内庁書陵部の調査等により、普通円筒埴輪、鰭付き円筒埴輪、朝顔形埴輪、蓋形
 (きぬがさがた)埴輪、盾形(たてがた)埴輪が確認されている。
 関西大学所蔵の幕末にこの古墳から出土したと伝えらる石枕があるが、詳細不明。また、渋谷村出土の伝承がある、三角縁神獣鏡の存在も知られている。

5. 陪塚
1)上の山古墳(景行天皇陵陪塚(い)号)
   全長140m、前方部幅56m、後円部径84mの前方後円墳。平成6年の前方部西側に広がる水田部発掘調査で、幅25m前後の周濠を確認。周濠に立ち入った際に葺き石を確認。周濠内から盾形埴輪、円筒埴輪、鰭付円筒埴輪、壷形埴輪、朝顔形円筒埴輪などを発見。埴輪とともに墳丘に並べられたと考えられる板材(長さ170cm、幅60cm)も発見された。この古墳は古墳時代中期の築造であると推定される。
2)シウロウ塚古墳(景行天皇陵陪塚(ろ)号)
    景行陵の東側にある。全長120m、前方部の幅約60m・高さ約4m、後円部の径約60m・高さ約10mの前方後円墳である。
3)赤坂古墳(景行天皇陵陪塚(は)号)
   長さ25mの方墳。景行陵とシウロウ塚古墳に挟まれる。


--
<大和は国のまほろばの光景>
IMG_8607s.jpg

<同上>
IMG_8604s.jpg

<同上>
IMG_8606s_20141017233534a9f.jpg

<渋谷向山古墳説明板>
IMG_8590s.jpg

<周濠>
IMG_8596s.jpg

<周濠>
IMG_8597s.jpg

<陪塚ろ号>
IMG_8591s.jpg

<陪塚は号>
IMG_8600s.jpg

<道標>
IMG_8592s.jpg

<山辺の道…相撲神社へ抜ける道>
IMG_8602s.jpg

IMG_8603s_20141017234419695.jpg
--
<景行天皇纏向日代宮碑>

IMG_8612s.jpg

IMG_8613s.jpg

<纏向遺跡イラストマップ>
IMG_8615s.jpg




山辺の道--柳本から纏向へ-- その3

JR柳本駅⇒黒塚古墳⇒柳本旧陣屋⇒天神山古墳⇒崇神天皇陵⇒櫛山古墳⇒景行天皇陵⇒纏向日代宮跡碑⇒(相撲神社)⇒(穴師坐兵主神社⇒珠城山古墳群⇒吉野川東部幹線水路⇒纏向珠城宮跡碑⇒巻野内石塚古墳⇒JR纏向駅

櫛山古墳(双方中円墳)

  崇神天皇陵の東側に近接して築かれた櫛山古墳は、東西に主軸をもつ前方後円墳を基調とするが、前方部とは反対側の後円部先端にも前方部に匹敵する大形の祭壇を伴うため、双方中円墳と呼ばれる例のない墳形の古墳で、4世紀後半ごろの築造です。 山辺の道が崇神陵と櫛山古墳の間を通っておりすぐそばに池があり、古墳は林のような雰囲気をしているので見過ごされがちであるが注目すべき古墳である。後円部中央に竪穴式石室があり、その周囲に楕円形の埴輪が巡っていました。 副葬品は管玉、車輪石、石釧、滑石製合子、鉄鏃などがありますが車輪石と石釧が多数を占めます。 造出部平坦面では、白礫を大量に敷き詰めた跡が出土しました。

<現地説明版>
IMG_8568s.jpg

-----------------看板書き下し------------------
国史跡指定古墳 櫛山古墳(くしやまこふん)

天理市柳本町に所在する櫛山古墳は古墳時代前期後半(4世紀後半)に築造された全長155mの大形古墳で、柳本古墳群を構成する。墳形は東西に主軸を持つ前方後円型を基調とするが、前方部とは反対側の後円部先端にも前方部に匹敵する大型の祭壇を伴うため、双方中円墳と呼ばれている。昭和23・24年に行われた発掘調査では、この大形祭壇上から排水施設を伴う白礫を敷き詰めた遺構や、白礫層の下部に赤色顔料を含む砂層を施した方形の土坑などが検出されている。遺物も鍬形石・車輪石・石釧などの腕輪型製品や,高坏形土師器の破片が白礫層の上部から出土し、古墳の墓前祭祀に関係する遺構が見つかっている。
 中円部の頂上に築かれた竪穴式石室は、すでに攪乱を受けていたが、全長7.1m、幅1.4mの南北に主軸をもつ埋葬施設で、扁平な石材を用いて石室の側壁を築いている。石室床面の中央には、石棺を据えたと思われる方形の落ち込みがあり、長持形石棺の一部が出土している。調査では、石棺を据えてから石室の側壁を築いたものと考えている。同様な石室の構造を持つ古墳として、御所市宮山古墳の南石室がある。
櫛山古墳の西側には全長260mの巨大前方後円墳、行燈山古墳(崇神天皇陵)がある。そうした巨大古墳に隣接して櫛山古墳が造営されていること、石棺を用いた石室の存在、大形祭壇に白礫を敷き詰めた墓前祭祀跡など特別な印象を秘める櫛山古墳の様子は、この被葬者が行燈山古墳と関係する有力な人物であったことを想像させてくれる。

天理市教育委員会

----------------------------------------------------------------------------
(航空写真・北方から)
墳丘長155m、中央に埋葬施設を伴う円丘、その東側に大形祭壇、西側に前
方部墳丘を築いている。平成9年度の調査で、墳丘の両側にある溜池は近世以
降に造られた治水であることが判明した。古墳が築造された当時は墳丘の両
側が空堀で、墳丘には葺石と埴輪列が施されていた。

白礫遺構(報告書転載写真)
後円部先端の大形祭壇(後円部)頂上には、白礫が敷き詰められていた。白礫
は、地域外から運び込まれたものである。

石室の全景(報告書転載写真)
石室は、攪乱を受けていたが、竪穴式石室の内部から石棺の一部が出土した。




----------------------------------------------
<溜池:近世以降>
IMG_8570s.jpg

<くびれ部で説明>
IMG_8574s.jpg

IMG_8575s.jpg

<造出部>
IMG_8577s.jpg

<尾根を切断している箇所>

IMG_8578s.jpg

IMG_8580s.jpg

IMG_8583s_20141016001826e0e.jpg





プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR