FC2ブログ

明日香村発掘調査報告会2014 その3

明日香村発掘調査報告会の最後は、関西大学文学部米田文孝教授による「石舞台古墳とその時代」と題する講演がありました。”飛鳥時代前期の歴史的意義”という副題がついており、都塚古墳、塚本古墳、石舞台古墳と蘇我氏との関わりについて日本書紀の記述も参照しながらお話をされました。さらに、京都帝国大学等による石舞台古墳の調査に関する古い写真や新聞記事も配布し、当時の発掘調査が大々的に行われた様子も紹介されました。

以下に提示されたスライドを撮影した一部画像を示します。

<表題>
IMG_7519s.jpg

<日本書紀の記事>
IMG_7521s.jpg

<馬子の桃原墓の記述>
IMG_7524s.jpg

<飛鳥地域の宮の変遷>
IMG_7526s.jpg

<石舞台古墳の調査(京大報告)>
IMG_7527s.jpg

IMG_7529s.jpg

IMG_7530s.jpg

IMG_7532s.jpg

<トロッコで石室内の土石を運ぶ>
IMG_7533s.jpg

<周濠貼石の調査>
IMG_7534s.jpg





明日香村発掘調査報告会2014 その2

明日香村教育委員会の長谷川氏から「飛鳥寺西方遺跡の発掘」に関する2014年度の新しい成果が報告されました。これまで、飛鳥寺西方遺跡では石敷広場が検出されてきましたが建物については検出されてきませんでした。今年度初めて建物の柱穴と見なされる遺跡が出土しました。建物は東西に軸を揃えて2棟検出されました。建物は一時的な使用に供されたもので、壬申の乱のときに使用した軍営かもしれませんが、用途は不明です。 馬房だったという考えもあるようですが…。

下記は報告会でのスライドを撮影した画像です。

<飛鳥寺西方。☆印は入鹿の首塚です。左手の飛鳥川までが西方広場です。>
IMG_7299s_20150307000528ae7.jpg

<以前の発掘で出土した土管です。飛鳥時代に地中に土管のネットワークがあったようです。上水か下水かはまだ不明のようです。>

IMG_7317s_20150307000529ca8.jpg

<2つの建物>
IMG_7382s.jpg

IMG_7384s_20150307000532bc3.jpg

IMG_7391s_20150307000533799.jpg

IMG_7407s_20150307000534876.jpg

IMG_7408s.jpg


IMG_7416s_20150307001326e16.jpg

明日香村発掘調査報告会2014 その1

2015年3月1日午後は雨になりましたが、明日香村中央公民館で「明日香村発掘調査報告会2014」が開催されました。
「飛鳥寺西方遺跡の調査」、「都塚古墳の調査」に関する報告と、「石舞台古墳とその時代」と題する講演がありました。

今回は、約8000人もの人が現地説明会に参加した「都塚古墳の調査」(明日香村、西光慎治氏)について報告します。現地説明会に参加しましたのでその後の調査の進展に興味がありました。新しい成果は、南東の隅のコーナを検出したことと、階段状の構造は土をはがせば石がぎっしりと詰まっていたことが分ったことです。

使用している石は、韓国の積石塚(4世紀代、高句麗のものが百済にもある)のような切石ではなく、川原にある石を積み上げて作っているように見えました。都塚古墳の築造年代は石舞台古墳より古いそうですが、石舞台古墳の斜面の葺石も丸っぽい石が使われていました。発掘調査がもっと進めば、韓国の積石塚古墳とは違った日本的な積石塚古墳の全容が明らかになるでしょう。

下記写真は報告会で示されたスライドを撮影したものです。

<都塚古墳の位置>

IMG_7427s.jpg

IMG_7489s.jpg

<南東隅の検出>

現地説明会のとき検出された石積階段を延長した南東隅のコーを発掘したところ、3段の石段のあるコーナを検出しました。

IMG_7478s.jpg

IMG_7487s.jpg

下の写真のように南東のコーナーが見事に検出されました。方形の積石古墳であることが分りました。
土をはがすと下層はどうなっているのでしょうか?大きい切石状の石がありますね。他にもっとあったのかも知れません。


IMG_7482s.jpg

<階段状石積>

IMG_7476s.jpg



IMG_7463s_201503052255259f2.jpg

階段の平坦部は土で覆われていました。土をはがすと石がぎっしりと埋まっていました。
IMG_7470s.jpg







プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR