FC2ブログ

斉明天皇の神まつりと吉野宮を体感する その4/4

  バスは宮滝を出て、吉野川が大きく湾曲する菜摘を過ぎ、紙漉きの里国栖(くず)に入り、割箸の里、南国栖に入りました。南国栖の吉野川支流の断崖絶壁に、天武天皇を祀る浄見原神社があります。 浄見原神社では毎年旧正月14日に、国栖の翁たちによる国栖奏が催行されることで有名です。 
 
日本書紀応神天皇十九年条冬十月一日に以下の記事があります。

 『天皇が吉野宮においでになった。国栖人が醴酒を天皇に奉り、歌を詠んだ。歌が終わると、半ば開いた口を掌で叩いて仰いで笑った。いま国栖の人が土地の産物を奉る日に、歌が終わって口を打ち笑うのは上古の遺風である。国栖は人となりが純朴であり、常は山の木の実をとって食べている。また、カエルをを煮て上等の食物としており、名付けて毛瀰(もみ)という。…』

 応神天皇の時代から天皇が吉野へ行幸され、吉野の国栖人たちは舞と歌と食物を献上していたことが記されています。
 国栖の地は、古くから道が開かれ、地理的には伊勢、熊野へ抜ける道があり、また大和政権の宮へ近く、交通の要衝にあるともいえます。

 大津の宮を出て、吉野に隠棲していた大海皇子は、吉野で兵を挙げ、大宇陀から伊賀に出て、大海皇子の乳母の本貫地の美濃に行き、美濃・尾張の軍勢を集め、不破の関を押さえ、大津宮に攻め入り勝利して、飛鳥へ戻り、 飛鳥浄御原の宮で、天武天皇として即位しました。大海皇子が、吉野を少人数で発ったときには、国栖の青年たちが、大海皇子や皇子達の輿を担いだと言われています。大海皇子が吉野で敵の探索にあったとき国栖の人たちが匿ったという言い伝えがあり、隠れた断崖絶壁に祠を造り、天武天皇をお祀りしています。

なお、天皇が新しく即位する大嘗会においては、貞享4年(1687)第113代東山天皇に至り、大嘗会が再興され、国栖奏が奏上されるようになった。まもなく催行される今上天皇の大嘗祭においても、宮内省楽官による「国栖の古風」が奏されると思われる。

なお、国栖の翁による国栖奏は毎年、橿原神宮で奏上されている。

--
吉野 南国栖の清流
IMG_2556s_20191003150214a6b.jpg

天皇渕1
IMG_2527s_20191003150204bff.jpg

新説明板
IMG_2558s_20191003150216612.jpg

天皇渕2
IMG_2551s_20191003150211c93.jpg


IMG_2549s_20191003150210caf.jpg

浄見原神社(祭神 天武天皇)
IMG_2547s.jpg


--
IMG_2530s.jpg

IMG_2554s_201910031502131ac.jpg




国栖奏(2019.2.18)

国栖奏(2019.2.18、旧暦正月14日)
浄見原神社  奈良県吉野郡吉野町南国栖1

浄見原神社付近地図
 大和上市から、天武天皇他歴代の天皇の離宮が置かれた宮滝に入り、さらに吉野川沿いの道を上流に向かうと、吉野川が大きく右に蛇行し菜摘、窪垣内、紙漉きで有名な国栖(くず)という地域に入ります。ここから国道169号線で大台ケ原付近を通過して熊野へ抜けて行けますし、国道166号線で高見トンネルを越え、櫛田川沿いに松阪・伊勢へ抜けてゆく交通の要衝です。江戸時代には伊勢の紀伊長島から桜井市へ鯖を運び、桜井の魚屋が東京築地の魚河岸に店を開いたそうです。

新子から南国栖へ隧道を抜けた所に浄見原神社があります。初めて行った人は余りにも辺境の地なので驚くようですが、田舎育ちの私は故郷へ帰ったように思えて、とても親近感を覚えます。

旧国栖村古跡略図(文献1)
IMG_5769s_201902201335443fb.jpg

国栖奏
 今年も旧暦の正月14日(2019年2月18日)の日に、奈良県吉野郡吉野町南国栖(みなみくず)の浄見原神社で、国栖の12人の翁達によって、「国栖奏」が奉納されました。 例年なら雪が散らつく時節ですが、今年はとても暖かく晴天に恵まれ、お供えの赤カエルも目を覚ましていました。

浄見原神社は吉野川が蛇行した天皇渕の断崖絶壁の狭い空間の小さい祠にご神体(天武天皇)が祀られていますので、そこまでは、自治会館前の駐車場から歩いて行きます。崖沿いの道を行くと、眼下にエメラルドグリーンのとても綺麗な天皇渕が見えてきます。 

<吉野川に架かる鈴の音橋>
IMG_5472s_2019022014024286b.jpg

<吉野川 右堤防を歩いて神社へ>
IMG_5471s.jpg

<神社方面>
IMG_5475s.jpg

<鈴の音橋>
IMG_5480s_201902201402444ed.jpg

<反対方向>
IMG_5481s.jpg


<地元の方のおもてなし>
IMG_5485s_20190220140722b18.jpg

<国栖奏伝習所>
IMG_5483s.jpg

<受付>
IMG_5505s_20190220140722ac0.jpg

受付のテントで手続きを済ますと、「国栖と国栖奏」というパンフレットと特産品の「割りばし」と、お祝いの「神餅」を2個頂き、国栖奏の最後に翁によって、自分の名前を読み上げてくれます。

IMG_5762s_2019022015325003d.jpg

IMG_5764s_20190220153251532.jpg






<謡曲国栖と国栖奏説明板>
IMG_5508s.jpg



--
<参道から見た鈴の音橋と吉野川>
IMG_5759s_20190220142158e43.jpg

<美吉野1>
IMG_5756s_20190220142156962.jpg

<美吉野2>
IMG_5489s_201902210028481c6.jpg

<美吉野3>
IMG_5496s.jpg

<天皇渕1>
IMG_5512s_2019022100285255c.jpg

<天皇渕2>
IMG_5482s_201902210028475d7.jpg

<天皇渕3>
IMG_5494s_20190221002849289.jpg



<天皇渕4>
IMG_5732s.jpg

<天皇渕5>
IMG_5743s.jpg

<天皇渕6>
IMG_5522s.jpg



<神社への石段入口:お祝いの日>
IMG_5705s.jpg

<浄見原神社舞台・本殿への石段>
IMG_5520s_20190220142153883.jpg

<舞台とお供え>
IMG_5544s_20190220143740a1b.jpg

ヒカゲノカズラ・シダなどで舞台の廻りを飾る
IMG_5532s.jpg

奥 <五品の神饌>
五品の神饌をお供えします。右から、
 1. 山菓(栗):昔、当山間地方の貴重な食物
 2. 醴酒(こざけ、一夜酒):応神天皇吉野行幸のとき献上せしもの
 3. 腹赤の魚(うぐい):天武天皇に献上せしもの、占いにも使用
 4. 土毛(くにつもの、根芹(せり)):応神天皇に献上せしもの
 5. 毛瀰(もみ、赤蛙):昔、当山間地方最高の珍味として献上せしもの
手前 <7つの楽器>をお供えします。
  鈴と榊 笛2 鼓1 笛2 鈴と榊
IMG_5547s.jpg

本殿前
IMG_5543s.jpg

--
<翁(12人)>
翁は天武天皇から特別に使用を許された「桐(きり)・竹(たけ)・鳳凰(ほうおう)」を織り込んだ狩衣(かりぎぬ)・烏帽子(えぼし)の装束を身に着けます。翁は全員で12人です。舞翁は2人で、右手に鈴、左手に榊を持ち舞います。笛翁は4人で横笛を奏します。鼓翁は1人で鼓を打ちます。歌翁は5人おり、歌謡を朗々と奏します。

国栖奏は以下の順序で行われます。

1.神官が先導して、参殿の笛を奏しながら12名の翁が崖沿いの参道を進み舞殿に登壇します。
  まず楽器を神前に供え一同が着座すると、神官が祝詞を奏上し神事を行います。

2.神事終了後、一歌、二歌を奏します。

一歌 世にいでば 腹赤の魚の片割れも  国栖の翁が  淵にすむ月
二歌 み吉野に  国栖の翁がなかりせば 腹赤の御贄  誰か捧げむ

3.その後、神饌台から楽器を下げて、笛に合わせて三歌を唱和し、舞に移ります。

三歌 鈴の音に  白木の笛の音するは  国栖の翁の  参るものかは

4.二人の舞翁が鈴を右手に榊を左手に持ち、歌翁の一人が「正月」と声をかけると他の歌翁が「エンエイ(遠栄)」と唱和します。これを、正月から十二月まで繰り返し行います。

5.四歌を奏します。四歌は古事記の応神天皇条記載の歌謡そのものです。

四歌 かしのふに よこすをつくり よこすにかめる おほみきうまらに きこしもちおせ まろかち

四歌終了後翁達全員が口元に手を添え上体を反らす「笑いの古風」と呼ばれる所作を行います。

6.最後に氏子と奉賽者の名前を一人ずつ「エンエイ」と囃しながら読み上げ(御巡楽という)、素朴ながらも典雅な舞楽は終了します。

<浄見原神社 宮司祝詞奏上>
IMG_5578s_20190220145501891.jpg

<二歌奏上>
IMG_5607s_201902201455032be.jpg

<楽器撤下>
IMG_5614s_20190220145504e7f.jpg

<楽器撤下>
IMG_5616s_201902201437474ce.jpg

<舞奏上>
IMG_5627s.jpg

<舞1>
IMG_5642s.jpg

<舞2>
IMG_5657s.jpg

<舞3>
IMG_5659s_2019022014375337c.jpg

<舞4>
IMG_5663s.jpg

<笑いの古風>
IMG_5671s_20190220145515429.jpg

<名前の読み上げ。エンエイ―>
IMG_5679s_20190220145516b47.jpg

<宮司お祓い>
IMG_5712s_2019022014551872f.jpg

<翁神饌撤下>
IMG_5714s_20190220145519b89.jpg

<栗>
IMG_5753s_201902201518519f9.jpg

<土毛(くにつもの、根芹(せり))>
IMG_5747s.jpg

<醴酒>
IMG_5725s.jpg

<腹赤の魚(うぐい)>
IMG_5751s_2019022015184985d.jpg

<毛瀰(もみ、赤蛙)>
IMG_5720s.jpg


文献1: 「奈良県指定無形民俗文化財 国栖奏」 国栖奏保存会 平成16年




国栖奏(2015.3.4)

2015年3月4日、吉野郡吉野町南国栖の浄見原神社で国栖奏(奈良県指定無形民俗文化財、吉野町無形文化財)が行われました。毎年旧暦の1月14日に浄見原神社で行われる催しです。毎年4月3日には橿原神宮でも奉奏されます。昨年の国栖奏については本ブログを参照してください。

昨夜から雨が降り続き岩場が濡れないか心配しましたが、朝方になると雨が上がり、例年になくあたたかい日となりました。国栖奏の日はいつも2月の極寒の日で雪がちらつきますが、今年は3月にずれ込みましたので、寒さはそれほどでもありませんでした。 国栖奏の笛と翁が振る鈴の音は何とも言えない麗しく懐かしい調べがします。歌を詠むながーい調べがこれもまた極上です。

<地元の商品販売>
 手作りぜんざいや漬物を頂きました。
IMG_7670s_2015030423331435a.jpg

<国栖奏伝習所>
IMG_7669s_20150304233804c39.jpg


<看板:国栖奏のこと>
IMG_7681s.jpg

<看板:謡曲国栖と国栖奏>
IMG_7684s_20150304233315fbb.jpg


<句碑>
IMG_7682s_20150304233805870.jpg


<天皇淵>
IMG_7678s_20150304233313a5f.jpg

IMG_7671s_2015030423331252d.jpg

<浄見原神社>

IMG_7693s.jpg


IMG_7694s_20150305080129aed.jpg

<お供え>
  毛瀰(もみ、赤蛙)、土毛(くにつもの、根芹)、腹赤魚(うぐい)、醴酒(こざけ)、山菓(くり)>

             楽器(鈴、笛、笛、鼓、笛、笛、鈴)
IMG_7697s_20150305080131edd.jpg

<舞殿>
IMG_7698s_20150305080131d99.jpg

IMG_7709s_201503042347315fb.jpg

IMG_7719s_20150305082508fb9.jpg

--
<お祓い>
IMG_7729s.jpg

<翁参進>
IMG_7752s.jpg

IMG_7754s.jpg

<笛を吹きながら進む>
IMG_7758s.jpg
--
<舞台へ参上>
IMG_7764s_20150305000415781.jpg

<祝詞奏上>
IMG_7772s.jpg

<翁舞>
IMG_7800s.jpg

<多数の参拝者>
IMG_7825s.jpg

<翁退出>

IMG_7842s.jpg

IMG_7860s.jpg

IMG_7853s.jpg


<国栖の由来>(国栖奏保存会資料)

古事記や日本書紀の記事によれば、神武天皇が熊野から大和に入られるとき、吉野川のほとりで岩穴から尾のある人が出てきたので、「お前はだれか」と尋ねると「私は国つ神で、名は岩押分神の子でございます」と答えました。そこで天皇は「お前に 国栖(くず)の名を与えよう」といわれ、それ以来国栖と称するようになったもので、その後天皇の道案内をして、大和平定に力を尽くしたと伝えられています。


国栖奏

 2014年2月13日(旧暦の1月14日)奈良県吉野郡吉野町南国栖天武天皇をご祭神とする浄見原神社(きよみはらじんじゃ)において、国栖の翁たちによる「国栖奏」(くずそう)(昭和53年(1978)奈良県指定無形民俗文化財)が奉奏されました。国栖奏は「翁の舞」とか「国栖舞」とか呼ばれ、応神天皇の時代から宮中で天皇に奏上されてきた典雅な歌舞です。浄見原神社は吉野川が大きくカーブする天皇淵の断崖絶壁に建つ小さい祠です。天皇淵はエメラルドグリーン色した静謐な美しい淵です。国栖奏は正月の季語だそうで俳句会などの方々も団体で来られていました。

<写真 天皇淵と浄見原神社付近>

DSCF2077_convert_20140215172125.jpg

DSCF2062_convert_20140215172016.jpg

DSCF2113_convert_20140215173605.jpg

DSCF2267_convert_20140215172646.jpg

DSCF2081_convert_20140215172202.jpg

<ヒカゲノカズラ:神聖な蔓>
DSCF2083_convert_20140215172452.jpg

<浄見原神社への階段>
DSCF2095_convert_20140215172741.jpg

<国栖奏次第>

1.神官が先導して、参殿の笛を奏しながら12名の翁が崖沿いの参道を進み舞殿に登壇します。
  まず楽器を神前に供え一同が着座すると、神官が祝詞を奏上し神事を行います。
2.神事終了後、一歌、二歌を奏します。
3.その後、神饌台から楽器を下げて、笛に合わせて三歌を唱和し、舞に移ります。
4.二人の舞翁が鈴を右手に榊を左手に持ち、歌翁の一人が「正月」と声をかけると他の歌翁が「エンエイ(遠栄)」と唱和します。これを、正月から十二月まで繰り返し行います。
5.四歌を奏します。四歌は古事記の応神天皇条記載の歌謡そのものです。四歌終了後翁達全員が口元に手を添え上体を反らす「笑いの古風」と呼ばれる所作を行います。
6.最後に氏子と奉賽者の名前を一人ずつ「エンエイ」と囃しながら読み上げ(御巡楽という)、素朴ながらも典雅な舞楽は終了します。

<歌>

一歌 世にいでば 腹赤の魚の片割れも  国栖の翁が  淵にすむ月
二歌 み吉野に  国栖の翁がなかりせば 腹赤の御贄  誰か捧げむ
三歌 鈴の音に  白木の笛の音するは  国栖の翁の  参るものかは
四歌 かしのふに よこすをつくり よこすにかめる おほみきうまらに きこしもちおせ まろかち


<写真 舞殿と神饌 階段登ると浄見原神社>

DSCF2102_convert_20140215172811.jpg

<写真 神饌5品と楽器>
DSCF2104_convert_20140215173358.jpg

<写真 神官祝詞奏上>

DSCF2159_convert_20140217001419.jpg

DSCF2158_convert_20140215174612.jpg

DSCF2230_convert_20140215175954.jpg

DSCF2191_convert_20140215175612.jpg

<翁の舞 正月~十二月まで舞納める>

DSCF2199_convert_20140215175653.jpg

DSCF2223_convert_20140215175834.jpg

<翁(12人)>
翁は天武天皇から特別に使用を許された「桐(きり)・竹(たけ)・鳳凰(ほうおう)」を織り込んだ狩衣(かりぎぬ)・烏帽子(えぼし)の装束を身に着けます。

<写真 狩衣「桐・竹・鳳凰」>

CIMG2403_convert_20140215171745.jpg

<写真 袴>

CIMG2402_convert_20140215171637.jpg

<写真 烏帽子>

CIMG2405_convert_20140215171908.jpg


<写真 沓>

CIMG2404_convert_20140215171832.jpg


翁は全員で12人です。舞翁は2人おり、右手に鈴、左手に榊を持ち舞います。笛翁は4人で横笛を奏します。鼓翁は1人で鼓を打ちます。歌翁は5人おり、歌謡を朗々と奏します。

<写真 楽器>

CIMG2408_convert_20140215171944.jpg

<神饌(五品)>

以下の五品の神饌をお供えします。

1. 山菓(栗):昔、当山間地方の貴重な食物
2. 醴酒(こざけ、一夜酒):応神天皇吉野行幸のとき献上せしもの
3. 腹赤の魚(うぐい):天武天皇に献上せしもの、占いにも使用
4. 土毛(くにつもの、根芹(せり)):応神天皇に献上せしもの
5. 毛瀰(もみ、赤蛙):昔、当山間地方最高の珍味として献上せしもの

<写真 神饌(五品)>

<山栗>
DSCF2274_convert_20140215180215.jpg

<一夜酒>
DSCF2276_convert_20140215180302.jpg

<腹赤(うぐい)>
DSCF2278_convert_20140215180331.jpg

<土毛(せり)>
DSCF2279_convert_20140215180358.jpg

<赤蛙>
DSCF2281_convert_20140215180428.jpg


<国栖奏の歴史>

1.応神天皇が吉野宮に行幸されたとき国栖人が醴酒(こざけ)と土毛(くにつもの)を献上し、歌舞を奏して天皇をお慰めしたとの記述が古事記・日本書紀にあり、これが国栖奏のはじまりといわれています。

2.その後、大海人皇子が皇位継承をめぐり吉野に下り、約八ヶ月間滞在されたとき、追手が迫り、国栖の翁たちは小舟を川辺に伏せてその中に皇子をかくまい、大難からお救いしたという言い伝えがあります。また、国栖の翁は皇子を和田巌(浄見原神社前)にお迎えし、腹赤の魚、醴酒、土毛、栗飯、樫の実の団子などを献上し、国栖舞を奏してお慰めしたと伝えられています。

672年に大海皇子が吉野で挙兵し、いわゆる壬申の乱が勃発したとき、大海皇子の輿を担いだのは国栖の若者だったそうです。挙兵後、大和の豪族や、大海皇子の湯沐邑(岐阜県安八磨郡)であった美濃や尾張の東国の兵、伊勢神宮関係の豪族等が味方して、大海皇子側が勝利をおさめ、大海皇子は飛鳥浄御原宮において天武天皇として即位しました。即位後、大功のあった国栖の選りぬきの30戸が飛鳥雷丘近くに住んで天武天皇にお仕えしたと伝えられています。また、国栖人に「権の正」の位を賜り、国栖舞を宮中の大嘗祭や式典で奉奏することが制定され、国栖舞を「翁の舞」と名づけられました。

3.その後、国栖人は天武天皇以来550年間も宮中に参勤し国栖奏を奉奏してきましたが、平治、源平の争乱などにより途絶えました。寿永4年(1185年)国栖人は現在の場所に天武天皇を御祭神とする浄見原神社を建て、以来現在まで毎年旧暦の正月14日に国栖舞を奉奏して天武天皇の御神霊をお慰めしてきました。

4.明治10年(1877)明治天皇神武天皇陵御参拝のとき今井町の行在所(今井御坊)で国栖奏を奏上しました。また、大正5年(1916)4月3日橿原神宮にて天皇皇后両陛下に国栖奏を奏上しました。大正15年(1926)に宮内省雅楽部多忠朝の指導により国栖奏が整備されました。

5.平成2年11月22日に挙行された今上天皇の大嘗祭では皇居の大嘗宮、国栖古風幄舎において宮内庁楽師が「国栖の古風」を奏されました。現在、毎年4月3日に橿原神宮において国栖奏が奉奏されます。また、様々な催しにおいて奉奏されることがあります。

<参考文献>
(1)「国栖と国栖奏」吉野町、国栖奏保存会
(2)「国栖奏」国栖奏保存会(平成十六年一月十四日発行)

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR