FC2ブログ

小山田遺跡(小山田古墳)第10次調査現地説明会

 2019年2月3日(日)橿原考古学研究所による明日香村小山田遺跡の第10次調査現地説明会に行ってきました。午後に雨となる予報でしたので、午前中に現場に行ってきました。小山田遺跡では2015年の掘割の検出(本ブログ記事参照)以来、巨大な方墳であることが確定しています。 今回の調査区は方墳の西辺部であり、墳丘部分を発掘して、その構造を明らかにし、古墳の範囲を確定することを目的としています。

今回調査区(赤色の部分)
IMG_5142s_201902041335531e0.jpg

今回の調査によって、次のことがわかりました(説明会パンフレットより)。

1.墳丘盛土
  幅約1.3mを単位として盛土の作業をしている。盛土は砂質土と粘質土を用いている。盛土の厚さは10cm程度。
2.墳丘外表施設
  墳丘西辺も室生安山岩と結晶片岩を用いた板石積であったが、全て除去され破片だけが土に混じっている。古墳築造時期は7世紀中葉で少なくとも7世紀後半頃までの間に、板石は除去されたと見られる。
3.土器棺墓
  墳丘裾部が埋没しはじめた頃に造られた土器棺が出土した。7世紀後半から8世紀初頭頃に埋納したとみられる。
4.方墳の中軸線から墳丘盛土裾部までの距離は39.7mである。これを2倍すると、東西幅は計算上約80mとなる。
5.今回調査区の墳丘盛土裾部の基底の標高は113mであった。過去の調査で墳丘北辺板石積基底の標高は115mであった。  これより、墳丘は北から南へ向かって低くなっている。
6.墳丘北辺の長さは計算上72m、今回の調査で南辺は計算上80m越えることが予想される。

なお、古墳の被葬者について、舒明天皇の初葬墓とする見解や、蘇我蝦夷の大墓ではないかとする見解があるようです。

--
現地説明会入口
IMG_5114s_201902041335490d3.jpg

現場付近の等高線入り地形図
IMG_5143s.jpg

現地説明会場パネルと説明員
IMG_5156s.jpg

墳丘盛土断面オルソ画像(写真のゆがみを補正して作成した画像)
 一番右端が地山で、その上に墳丘盛土があり、一番上は後世の堆積土。どの現場の写真か分らなかった。
IMG_5200s_20190205095250301.jpg

墳丘構築法(板石を貼り飾る)
 左写真は5・6次調査。25度傾斜の地山の上に板石積裏込め盛土がある。
 右写真は今回調査墳丘盛土面。5・6次調査で見つかった北辺の掘割溝は2段の石敷構造。盛土斜面の一番下は青色の結晶片岩。その上は室生安山岩の板石積。 今回の調査で、5・6次調査で見つかった北辺と同様の掘割構造が、西辺にもあったと推定される。
IMG_5151s_201902050952456a9.jpg

発掘現場・墳丘盛土など
IMG_5175s_20190204133559659.jpg

土器棺墓
IMG_5165s.jpg

IMG_5166s_20190204133557bf9.jpg

墳丘を構築した盛土
IMG_5162s.jpg

現場付近校舎
IMG_5135s_20190205110630b58.jpg

東の山々
IMG_5132s_201902051106295d9.jpg


古墳北辺掘割はこの校舎の下?
IMG_5192s_20190205095248019.jpg


IMG_5137s.jpg

西辺発掘現場
IMG_5204s_201902051106334bf.jpg

--
出土した室生安山岩(榛原石) 板石
IMG_5140s.jpg

結晶片岩(緑泥片岩) 板石… 吉野川流域で採れる石
IMG_5141s_201902041335514e5.jpg





 

明日香小山田遺跡現地説明会 つづき

明日香小山田遺跡現地説明会で現地見学して思ったことは、何と遺跡破壊が進んだ穴ぼこだらけの現場かということ、旧校舎建設のときすでに、この掘割は見つかっていたのではないかという疑問です。

<穴ぼこの遺跡>
IMG_3899s_20150120000341ab2.jpg

IMG_3892s_2015012000034000e.jpg

さて、この掘割はまだ東西方向の溝しか検出されていませんが、やがてコーナが見つかり方形の他の三辺も見つかることが期待されます。2段築成の墳丘と掘割と貼石を持った古墳の想像CGが説明版に貼られていましたが、まだ古墳と決まったわけではありません。

<奈良新聞一面写真>
IMG_3918s.jpg

古墳としたときの被葬者の名前が色々取り沙汰されていますが、発掘調査によってその根拠となる物は何も出土していません。いつもマスコミで名前が挙がる「学者」の方々、各人各様に歴史上の人物の名前を挙げています。私のまわりでは橿原考古学研究所長の挙げる候補の名前が一番賛同者が少ないようです。

IMG_3919s.jpg

明日香村小山田遺跡現地説明会

2015年1月18日(日)午前10時から橿原考古学研究所によって開催された明日香村川原の小山田(こやまだ)遺跡の現地説明会に行ってきました。この日は久し振りに晴天に恵まれ、TVや新聞が大きく報道したため約8000名の大勢の人々が参加しました。

今回の現場は奈良県立明日香養護学校構内で、教室棟改築に伴う第5次、第6次調査結果が報告されました。

発掘調査によって東西方向の長さ約48mにおよぶ敷石のある掘割(溝のこと)が見つかりました。その掘割の南側には板石が積まれ古墳の墳丘を構成しています。北側斜面には貼石が施されていました。 現場写真を速報します。

<現場地図>
IMG_3797s.jpg

<校門>
IMG_3905s.jpg

IMG_3778s.jpg



<掘割:大穴は以前の建物基礎:以前に掘割あることは分かっていたのでは?>
IMG_3889s.jpg

IMG_3899s.jpg

IMG_3892s.jpg

<左貼石斜面、右板石積>
IMG_3877s.jpg

IMG_3869s.jpg

<貼石;敷石;板石>
IMG_3856s.jpg

IMG_3876s.jpg

IMG_3863s.jpg

IMG_3842s.jpg

IMG_3841s.jpg

IMG_3808s.jpg





プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR