FC2ブログ

中国寧波・揚州の旅 その9(最終回)

 中国寧波・揚州の旅の最後は、揚州壺園での中秋節のお月見でした。長屋王が唐に贈った袈裟に刺繍してあった「風月同天」という漢詩の言葉を地で行くようなお月見でした。この夜は日本でも同じように満月を見ることができたそうです。
最後に、鑑真関係の年表を付しておきます。

<大明寺空海像>

804年に入唐した空海が大明寺を訪ねています。空海の像がありました。

IMG_7926s.jpg

<長屋王の漢詩の句:風月同天>

DSCF3250s.jpg

<壺園にてお月見>

DSCF3267s.jpg

DSCF3269s.jpg

DSCF3272s.jpg

DSCF3273s.jpg

DSCF3278s.jpg

DSCF3295s.jpg

DSCF3322s.jpg

<風月同天の満月>

DSCF3324s.jpg

DSCF3340s.jpg

----------------------------------------------------------------

鑑真和上関係略年表

688年 鑑真、揚州に生まれる
701年 14歳 揚州の大雲寺に入る(出家)
705年 18歳 光州の道岸禅師を師として菩薩戒を受ける
707年 20歳 洛陽に学ぶ
708年 21歳 長安の実際寺で弘景律師を和上として具足戒受ける
712年 25歳 玄宗皇帝天子となる
713年 26歳 鑑真はじめて律疏の講義をおこなう 故郷に戻り戒律の講座ひらく
718年 31歳 鑑真「行事鈔」・「軽重儀」の講座を開く
727年 40歳 鑑真「羯磨疏」を講ずる
733年 46歳 遣唐使派遣 大使多治比広成、副使中臣名代 判官秦朝元・平群広成
興福寺の僧栄叡・普照は留学僧として随行、戒律の師僧を招聘する任務を背負う
734年 10月 遣唐使船四隻日本へ向け出帆 難破し流される
735年 第1船大使一行種子島経由で奈良へ帰る。留学僧下道真備・僧玄昉も同船
736年 副使名代の船も流された後日本に帰着 唐僧道璿(どうせん)・インド僧波羅門菩提・林邑の僧仏哲・唐人皇甫東朝・ペルシャ人李密翳らが同船
742年 55歳 栄叡・普照と大明寺で会う 伝戒師の来日を要請される
743年 56歳 夏 鑑真第1回目渡海 密告により失敗
744年 57歳 1月 第2回目渡海出帆するが嵐に会う 栄叡逮捕3回目も失敗
748年 61歳 6月出帆 嵐で海南島へ流される
749年 62歳 栄叡病を得て端州龍興寺で死去 鑑真「哀慟悲切」
750年 普照、阿育王寺へ去る。 鑑真曰く「戒律を伝えんがために願を発して海を過ぐ。ついに日本国に至らずば、本願を遂げず」、と
752年 藤原清河を大使とする遣唐使が入唐
753年 10月鑑真、遣唐使から来日要請される
     11月蘇州出帆、沖縄に到着
     66歳 12月20日 鹿児島秋妻屋の浦に到着、大宰府に入る
754年 2月平城京へ入京
      3月受戒一任の勅を受ける
      4月東大寺大仏殿に戒壇を築き、聖武太上天皇夫妻、孝謙天皇以下400名の僧尼に菩薩戒を授戒
755年 10月東大寺戒壇院完成
756年 5月2日聖武太上天皇没
     5月24日大僧都に任じられる。法進、律師に任じられる
758年 8月大僧都解任、大和上の尊号を与えられる
759年 新田部親王旧邸宅跡が与えられ、鑑真和上が唐招提寺を創建
760年 光明皇太后没
761年 下野薬師寺と大宰府観世音寺に戒壇設立
763年 弟子の忍基ら肖像を作る
     5月6日 鑑真76歳で没す
764年 恵美押勝(藤原仲麻呂)の乱
765年 西大寺創建
777年 遣唐使、鑑真の死を唐に伝える
778年 法進没
779年 淡海三船「唐大和上東征伝」著す。
785年 最澄、東大寺戒壇院で受戒
804年 遣唐使に従って最澄、空海入唐
805年 最澄帰国
806年 空海帰国

中国寧波・揚州の旅 その8

大明寺

  742年栄叡(ようえい)と普照(ふしょう)は揚州の大明寺に鑑真和上を訪ね、日本に戒律を伝えてくれる師僧の派遣を依頼しました。日本には538年(日本書紀では552年)に百済の聖明王から仏教が伝えられて以来、多くの僧尼が誕生しましたが、栄叡と普照が遣唐使に従って入唐した732年当時には、正式の戒を受けた僧はいませんでした。そこで伝戒の師の派遣を要請したわけです。

 栄叡と普照は鑑真に対して、「本国にむかし聖徳太子という皇子がいて、二百年後に仏教が盛んになるだろうといわれましたが、今がその時期にあたっています。どうか日本に来て、指導してください」と頼みました。

 これに対して鑑真は中国天台山の高僧、慧思(えし)と、日本の長屋王のことを引き合いに出して次のように答えました。「むかし慧思は亡くなった後、倭国の王子に生まれ変わり、仏教を盛んにして、人々を救ったと聞きます。また、日本の長屋王は仏教を尊び、袈裟を千領作って中国の僧侶におくりました。その袈裟の縁に「山川異域、風月同天、寄諸仏子、共結来縁」と刺繍してありました。その意味は「山川は域を異にすれども、風月は天を同じくす。これを仏子に寄せ、共に来縁を結ばん」です。

  これらのことから推し量ると日本は仏教が盛んになるのに、まことに縁のある国に違いない。いまここに集まった仲間の中に、この遠くからの要請に応えて仏法を伝えようとする者はいないかと尋ねました。誰も行こうとしないので鑑真自らが行くことを決意し、5回の失敗の後、753年12月、6回目の渡航でついに鹿児島県秋妻屋の浦に到着し、日本への東渡を果たしました。
(東野治之著「鑑真」岩波新書,2009)


------------------------------------------------------------------
<大明寺山門>
01IM1G_7901s.jpg

02IMG_7906s.jpg

<大雄宝殿>
03IMG_7913s.jpg

<鑑真紀念堂>
 鑑真逝去1200年を記念して着工し、10年後の1973年に完成しました。紀念堂内の中央には樟製の鑑真像が鎮座していました。彩色には揚州工芸特産の漆が使われています。目を閉じて静かに座禅を組む鑑真像は大海のなぎのような穏やかな表情をされていました。鑑真像の横には鑑真が乗ってきた遣唐使船(広島県安芸郡の向井氏作)の模型が置かれていました。また、記念堂の入口には唐招提寺から贈られた石燈籠が置かれていました。日本と揚州、中国との深いゆかりと歴史を感じさせる場所でした。

04IMG_7934s.jpg

045IMG_7928s.jpg

046IMG_7954s.jpg

047IMG_7950s.jpg

<風月同天>
長屋王が袈裟に刺繍した「風月同天」という言葉が額になっていました。

048DSCF3249s.jpg

049IMG_7921s.jpg

IMG_7922s.jpg


<栖霊塔>
 栖霊塔は高さ70メートルの九重の塔です。この塔は1995年に再建されたもので、揚州では一番高い建物です。この塔の2階に舎利塔があり、日本の唐招提寺から贈られた舎利容器も置かれていました。

049IMG_7978s.jpg

049IMG_8020s.jpg

IMG_7983s.jpg

IMG_7991s.jpg

IMG_8000s.jpg

IMG_8005s_2014092401044823d.jpg

IMG_7997s.jpg

IMG_8011s.jpg

IMG_8018s_20140924010451aed.jpg

IMG_7966s.jpg


<鐘楼>

IMG_8021s.jpg

IMG_8023s_20140924011740a72.jpg

<鼓楼>
IMG_8019s.jpg

<空海像>
IMG_7926s_201409251744099a6.jpg

<古い鐘>

IMG_7973s.jpg

<平山堂>

DSCF3235s.jpg

DSCF3236s.jpg

DSCF3237s.jpg

DSCF3238s.jpg

DSCF3242s.jpg

DSCF3244s.jpg









中国寧波・揚州の旅 その7

鑑真和上は688年揚州に生まれ14歳のとき父に連れられ大雲寺に参詣しました。そのとき、鑑真少年はそこにある仏像を見ていたく感動し、出家して僧になりたいと父にお願いしました。父は、その希望を受け入れ、知満禅師に頼んで、その弟子として出家させることにしました。 その大雲寺跡と伝えられる竹西公園には、鑑真出家場所と記した碑が建っていました。

竹西公園(大雲寺跡)
I1MG_7870s.jpg
IMG_7841s.jpg

<大雲寺は鑑真出家の寺>
IMG_7846s.jpg

IMG_7849s.jpg

IMG_7850s.jpg

IMG_7852s_201409222005079b1.jpg

IMG_7851s_2014092220050435f.jpg

IMG_7854s_201409222005081d9.jpg

IMG_7855s.jpg
  
煬帝の墓
  昨年3月不動産開発工事中に、墓誌と副葬品が発見され煬帝の墓ではないかとされている、発掘現場に行きました。 連休中で見学はできないため外から覆屋を見るだけでした。近くに、発掘調査関係者のプレハブがあり中に入れてくれましたが、すぐに退出しました。

<覆屋の中が発掘現場>
IMG_7875s.jpg

<出土品写真>
IMG_7885s.jpg

中国寧波・揚州の旅 その6

痩西湖

痩西湖(そうせいこ)は、杭州の西湖のような揚州屈指の景勝地で、細長い形をした湖であることから、清代の詩人によって「痩せた西湖」とうたわれたことからその名が由来しています。湖には遊覧船の船着き場がいくつか点在しているので、船に乗って景勝地を遊覧し散策することができます。清の乾隆帝は北京から何度もこの地を訪れ、滞在したことで知られています。

南大門
 南大門を入ると遊覧船の船着き場がありここから遊覧船に乗りました。南大門を入ると湖の西側に約600mに渡って柳と桃が植えられ散策できるようになっています。訪問した日は中秋節の連休中で大変混雑していました。

I01MG_7729s.jpg

I02MG_7722s.jpg

I03MG_7728s.jpg

I04MG_7724s.jpg

IMG_7727s.jpg

--
IMG_7736s_20140922002338c9d.jpg

IMG_7751s.jpg

釣魚台
 乾隆帝が魚釣りをした所です。ここにあるあずまやに2つの丸い窓があり、一つの窓からは五亭橋、もう一つの窓からはラマ教の白い仏塔を、まるで絵画のように鑑賞することができます。

IMG_7759s_20140922002341ed4.jpg

IMG_7763s_20140922002342bfc.jpg

IMG_7771s.jpg


五亭橋(蓮花橋)
 黄色い屋根のあずまやを五ついだく美しい橋です。屋根が蓮の花のように見えるので蓮花橋とも呼ばれています。

IMG_7781s.jpg

IMG_7782s_201409220027339a9.jpg

二十四橋
 唐代の詩人が橋の多い揚州を「二十四橋明月夜」とうたったことに因んで公園と照春台が作られました。

IMG_7785s_20140922002735b46.jpg

IMG_7798s.jpg

IMG_7804s_201409220033203fd.jpg

照春台
  乾隆帝の誕生日祝いをしたといわれる建物です。庭に花が咲き、緑の屋根が美しい。

IMG_7789s.jpg

大明寺に至る船着場
IMG_7831s.jpg

大明寺九重塔
IMG_7817s_20140922004539729.jpg

鑑真東渡記念碑
IMG_7829s.jpg







中国寧波・揚州の旅 その5

瓜州古渡

鑑真和上が日本へ渡来した出発地である揚州の「瓜州古渡」に行ってきました。その場に立って、なぜ鑑真は国禁を犯しても、弟子を36人も失っても、日本へ渡航する強い意志を持ちえたのか、いろいろと感慨にふけりました。そして、人間の使命感について考えました。 ここは、揚州中心部と運河で結ばれており、京杭大運河が長江に入る地点であり、長江を下ると海に通じています。 

瓜州古渡記念公園
IMG_7617s.jpg

IMG_7619s.jpg

IMG_7621s.jpg

IMG_7640s.jpg

IMG_7646s.jpg

IMG_7626s.jpg

揚州市街(文峰寺の渡し)から運河を下り、ここで長江に合流します(瓜州古渡)
IMG_7634s.jpg

長江を下り長江口に出ます。その後は風任せで一挙に日本へ渡ります
IMG_7630s.jpg

------------------------------------------------------------------

文峰寺と古運河
古運河

IMG_7665s.jpg

IMG_7654s.jpg

<鑑真東渡埠頭>
 
IMG_7664s_20140921004032fc6.jpg


IMG_7656s.jpg

IMG_7698s.jpg

IMG_7703s.jpg


揚州文峰寺
  鑑真が日本へ渡航したとき古運河に面した文峰寺から乗船しました。

IMG_7652s.jpg

IMG_7671s_20140921003703817.jpg

IMG_7673s_201409210037059b4.jpg

IMG_7687s.jpg

IMG_7690s.jpg

IMG_7689s.jpg

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR