FC2ブログ

飛鳥京跡苑池第13次調査現地説明会

 2019年8月10日、真夏の炎天下、午前10時少し前から橿原考古学研究所による飛鳥京跡苑池第13次調査現地説明会が開催されました。

 今回の調査区は北池で、これまで全く予想されていなかった、湧き水の湧出部の遺構(石組枡1、石組溝1)と流水部の遺構(石組枡2, 石組み溝2)が検出され、さらに流水部を囲む大形の石敷きや、6段の階段状遺構が検出されました。これらの遺構の利用目的については不明で、酒船遺跡との類似性から、苦しい時の「祭祀遺構」説が、取り沙汰されていますが、どのような祭祀が行われたかは全く不明です。中島のある南池では船を浮かべて、歌を詠み、宴会を楽しみ、北池では巫女さんが、湧水で身を清めて雨乞いでもしていたのでしょうか。

 飛鳥の遺跡で、いつも驚かされるのは宮殿跡付近には、整然とした石敷きがなされていることです。飛鳥は水と石敷きの都です。 とても美しい石敷きと、オアシスのように綺麗な湧き水を目にした、国内外から飛鳥の都を訪れた客人たちは、日本の都の美しさにきっと目を見張ったことでしょう。

 なお、現地説明会配布説明資料によれば、石積み護岸、湧水部、階段状遺構は、北池築造当初(7世紀中頃)のもので、流水部と石敷き、南北方向石組み溝、池内付属施設(州浜状の砂利敷き)は7世紀後半の改修によるものと考えられています。

 北池の調査は今後も継続するとのことですので、来年の今頃の現地説明会での新たな発見に期待したいと思います。

調査区(赤)
DSCN1146s.jpg

遺跡(西→東)
IMG_1841s_20190811120614040.jpg

DSCN1251s.jpg

湧水部(奥)と流水部、石敷き
DSCN1260s.jpg

石組枡1、溝1、石組枡2、溝2
DSCN1258s.jpg

溝の敷石は天理砂岩使用
DSCN1270s.jpg

石組枡1と水止板(凹型)、
DSCN1271s.jpg

石組枡2(敷石は天理砂岩切石)
DSCN1246s.jpg

階段状遺構(6段)
DSCN1197s.jpg

遺構全体(北→南)
DSCN1170s.jpg

木樋(平安時代以降)
DSCN1266s.jpg

DSCN1267s.jpg




飛鳥京跡苑池第10次調査現説 続報

 飛鳥京跡苑池第10次調査現地説名会 続報です。
橿原考古学研究所の今尾氏のあいさつのあと、調査担当者の説明がありました。

100IMG_3364s.jpg

説明会場に新聞記事のコピーが貼ってありました。
103IMG_3356s.jpg

105IMG_3357s.jpg

106IMG_3360s.jpg

110IMG_3361s.jpg


101IMG_3418s.jpg

121IMG_3334s.jpg


発掘現場では、4間×2間の総柱の建物が門であるなら、なぜ4間にする必要があったのか少し疑問が残ります。これまで飛鳥京の宮の門は3間か5間の奇数間だったことから考えると、苑池へ入る門は何か特別の意味があったのかのかも知れません。

現場の5本×3個の門跡と考えられる建物の柱穴の他には中央に1個分穴がはみ出していますが、これは何か分かりません。また、門の付近には、門以外の穴がかなりありましたが、素人目にはどういう建物かさっぱりわかりませんでした。


4間×2間の総柱建物(門) 青緑テープのある部分
124IMG_3386s.jpg

何故中心の柱列のみ6本あるの?
122IMG_3343s.jpg

門の南側の多くの柱穴は何か?
126MG_3393s.jpg

150IMG_3420s.jpg

飛鳥川方面へ折れ曲がった発掘現場は何もなし
140IMG_3396s.jpg

現場を役場方向から見る
180IMG_3427s.jpg










飛鳥京跡苑池第10次調査現説

2015年9月6日、飛鳥京跡苑池第10次調査現地説明会が開催されました。

今回の調査区は飛鳥京跡苑池の南池と北池の間にある渡堤(わたりつつみ)の延長上の場所です。そこは南から北へ総延長130mを越える掘立柱塀が検出されている場所で、塀の丁度真中あたりです。そこで南北4間(10.8m)、東西2間(約15m)の総柱建物跡が検出され、周囲の状況から苑池へ入る門であると考えられるとのことです。

この場所は飛鳥宮跡の内郭と隣接した場所にあり、内郭から苑池へ入る正面の門であるとすれば重要な発見であると考えられます。

従来から発掘されている掘立柱の門は3間であり、今回発見された4間の門はこれまであまり例がないようです。法隆寺の中門は4間ですが、これは掘立柱ではなく礎石の上に柱を建てる方式の門です。

現地説明板
IMG_3351s.jpg

飛鳥京跡苑池と掘立柱門と塀
IMG_3418s.jpg

飛鳥京跡苑池と周辺の遺跡
IMG_3421s.jpg

史跡・名勝飛鳥京苑池現地看板
IMG_3337s_201509070819539cd.jpg

--発掘現場--

掘立柱門の柱穴(4間×2間)
IMG_3391s.jpg

掘立柱門の柱穴(4間×2間)
IMG_3409s.jpg

掘立柱塀の延長ライン
IMG_3394s.jpg


飛鳥京苑池付近の風景現地看板
IMG_3371s.jpg

IMG_3372s.jpg

 
現説で展示されていた飛鳥京跡苑池模型(北池北側欠損・水路なし、今回発掘された門もなし) 
IMG_3414s_20150906225248be3.jpg

飛鳥京跡苑池第9次調査現地説明会

  2014年7月19日飛鳥京跡苑池第9次調査現地説明会が、橿原考古学研究所によって行われました。

 調査区の1区では南北15mにわたって柱間2.4m~2.7mの飛鳥時代の柱穴7箇所が検出されました。過去の調査で、約100m北でも柱穴が検出されており、今回の調査で、飛鳥京宮殿部と飛鳥苑池を区切る南北約130mの塀があったことが推察されます。

 調査区の2区では南北の石組溝と石敷きが検出されました。

-------------------------------------------------------------------------------
<現地説明会場>
IMG_9150s.jpg

<今回の調査区:赤区画>
IMG_9154s.jpg

<検出された7箇所の柱穴>
IMG_9176s.jpg

<柱穴拡大図>
IMG_9207s.jpg

<柱穴拡大図>(正方形の囲い。黄色の土の丸い柱跡:深さは40cm程度)
IMG_9204s.jpg
--
<柱穴は南北に約130mの長さの塀があることを予測させる>

<約100m北で検出された柱穴の場所>
IMG_9190s.jpg

IMG_9192s.jpg

<約130mの塀を予測>
IMG_9212s.jpg

----
<調査区2の石組溝(南北)と石敷き>
IMG_9187s.jpg

IMG_9188s.jpg

飛鳥京跡苑池第8次調査現地説明会

2013年11月24日橿原考古学研究所による飛鳥京跡苑池第8次調査現地説明会が行われ天候にも恵まれ、大勢の人が参加しました。

現場は、天武・持統天皇の飛鳥浄御原宮に隣接しており、この苑池は宮殿に附属する庭園だと考えられます。発掘調査により凄いものが出現したものだと思います。

私は、以前、韓国慶州の雁鴨池でこのような風景を目にしたことがありますが、飛鳥で同様の風景を目の当たりにするとは思ってもいませんでした。まさに歴史は飛鳥で作られつつあります。

さて、調査中の苑池は南池と北池から成っており、渡り堤によって分けられていますが、南・北の池は地中に埋められた樋によってつながっており、水面の高さを調整するようになっています。

苑池は、飛鳥浄御原宮の西側にあり飛鳥川のほとりにあります。飛鳥川沿いの遊歩道からは指呼の距離にあります。

今回の調査区は南池の北半分です。南池の南側の調査については過去に本ブログで掲載しています。

<写真1 調査区>

1DSCF9484_convert_20131125220504.jpg

2DSCF9482_convert_20131125220605.jpg

<写真2  南池(東から撮影)>

 南池の中にある中島は東西32m、南北15m、高さ1.3mである。曲線状に張り出しており、松の根が残る。
3DSCF9415_convert_20131125220906.jpg

<左上は東岸の石垣が高い、右は中島の石垣がよく見える>
3DSCF94321_convert_20131125220944.jpg

<中島の岸に柱が二本ある。柱の下方の色が白く上方が黒い。水に浸かっていた上下を逆にしたのでは?>
4DSCF9428_convert_20131125222213.jpg

<写真3  南池(西から撮影)>
5DSCF9466_convert_20131125222304.jpg


<写真4  南池(神奈備山ミハ山を見る)>
  南池の南半分にも水が溜まれば、橘寺後方の神奈備山ミハ山が池にきれいに映る。
6DSCF9431_convert_20131125222342.jpg


<写真5  水路跡>
  水路は南北80mあり北の端で西側へ直角に曲がり飛鳥川へ注ぐ。その途中の一部が発掘された。幅は13mある。東側が階段状になっているが、西側はそうではない。川底の幅は6mである。
7DSCF9501_convert_20131125222833.jpg


<写真6 建物跡(南東高台)>
8DSCF9449_convert_20131125222927.jpg


<写真7 建物跡(水路西高まり上)>
9DSCF9487_convert_20131125223006.jpg


<写真8 苑池想像図>
92DSCF9485_convert_20131125223057.jpg


<写真9 出土土器>

<左:瓦器椀と土師器皿:南池埋まった時期;右:須恵器杯と須恵器壺:南池埋まる途中の土器>
93DSCF9391_convert_20131125223149.jpg

<須恵器蓋、須恵器壺、須恵器高杯:南池底から出土した土器>
94DSCF9392_convert_20131125223315.jpg

<丸瓦>
96DSCF9394_convert_20131125223639.jpg
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR