FC2ブログ

明神山

 奈良県北葛城郡王寺町の明神山の麓に美しが丘という住宅地があり、明神四丁目のバス停から明神山参道の入口の赤い鳥居をくぐると、山頂まで舗装道路が続いています。

大阪と奈良の府県境にある王寺町西端の明神山は、標高273.6mの低山ですが、大阪から奈良盆地までの360度の大パノラマが開け、地元の人の案内で、眺望を楽しんできました。

 この日は天気は大変良かったのですが、少し霞んでおり、明石海峡大橋は霞んで見えませんでしたが、アベノハルカスは見えました。また、奈良盆地側の法隆寺の五重塔は、工事中の中門の素屋根を目標にして、よく見えました。

 明神山は江戸時代は、大坂と大和を結ぶ「送迎道(ひるめみち)」が通っており、大阪の国分から峠道が通じていました。江戸時代には、この峠越えの道は、お伊勢参りに使われ、山頂に「送迎太神宮」という神社が、建てられていました。現在は、山頂に別の「水神社」が建っています。

 明神山の北側の大和川が狭くなった谷間が亀の瀬と呼ばれる地すべり地帯です。 江戸時代は大坂から肥料など積んだ剣先船が帆を張って大和川をさかのぼり、ここで、荷揚げして、剣先船から漁梁船への荷継ぎが行われていました。 亀の瀬には急流と滝口があり、船がスムーズに通れなかったからだと思われます。なお、この漁梁船の船板が法隆寺西の里の家屋の板塀に利用されています。

--
明神山水神社参道鳥居
IMG_0195s_20180407210930d69.jpg

舗装参道
IMG_0199s_201804072109312f1.jpg

山頂案内地図
IMG_0212s_20180407210934420.jpg

水神社
IMG_0216s.jpg

舗装道説明
IMG_0219s.jpg

十国国見台説明
IMG_0221s.jpg

悠久の鐘
IMG_0234s_20180407210942300.jpg

畝傍山展望
IMG_0231s_20180407210940d50.jpg

アベノハルカス展望
IMG_0242s.jpg

六甲山地展望
IMG_0243s.jpg

明石海峡大橋展望
IMG_0248s.jpg

大和盆地 法隆寺展望
IMG_0259s.jpg

信貴山展望
IMG_0208s.jpg

亀の瀬
IMG_0262s.jpg

明神山信仰
IMG_0264s.jpg


仏教の伝来と聖徳太子

 奈良県王寺町主催の歴史リレー講座が開催されました。本日は帝塚山大学教授(前奈良国立博物館学芸部長)の西山厚先生の講演「仏教の伝来と聖徳太子」がありました。西山先生は仏教史を専門としておられますが、奈良博物館では学芸部長として、独創的な展示で活躍されました。

 本ブログでもこれまで、先生と一緒に鑑真の足跡を訪ねて中国揚州へ旅行した記事や、鑑真が日本へ上陸した地の鹿児島県坊津へ旅行した記事を掲載してきました。 今回の講座は、大変魅力的なテーマだったので、西山先生の切り口でどのような話になるか楽しみにしていましたが、期待通り素晴らしいお話でした。

最初に西山先生はなぜ日本に仏教が伝わったのかについて、次の問を発っせられました。 配布されたレジメから問を引用します。

日本には百済から仏教が伝えられた。

それはいつなのか。
そのころ日本はどのような状況だったのか。
そのころ百済はどのような状況だったのか。
なぜ百済は日本に仏教を伝えたのか。
仏教を伝えるとは具体的には何を伝えるのか。
仏教が伝えられて日本はどうなったのか。

朝鮮半島の高句麗には372年に中国の前秦王から使者と僧を遣わし、仏像と経典を伝えました。 また百済には384年に東晋から西域僧が来て寺を建立しました。新羅には5世紀前半と後半に高句麗から僧が来て伝えました。日本には百済からの救援要請に伴い欽明天皇のときに仏教が伝えられました。

講演では「日本書紀」に記載された仏教伝来に関する記事を、西山先生が丁寧に解説され、それに基づいて仏教伝来の経過を解説されました。日本書紀に基づき、真正面から本質を付いた素晴らしい解説でした。

- - -
次に、法隆寺と聖徳太子に関する以下の問を発せられました。

① 法隆寺は、いつ誰がなんのために建てたのか?
② なぜ、法隆寺は焼けたのに、釈迦三尊像などの古い仏像が残っているのか?
③ なぜ、法隆寺は場所を変えて再建されたのか? 誰が再建したのか?
④ なぜ、金堂と五重塔の建築様式がまるで違うのか?
⑤ なぜ、五重塔の心柱に、594年頃に伐採された古い木が使われているのか?
⑥ なぜ、奈良時代にできた夢殿に、飛鳥時代の救世観音像が安置されているのか?
⑦ 「法華義疏」は、本当に聖徳太子が書いたものなのか?
⑧ 聖徳太子は本当にいたのか?

上記⑦の問について、西山先生は法華義疏を調査された結果、これは99.9%聖徳太子の真筆であろうと断言されました。しかも、本文の前半は詳しい記述となっているが、後半は簡単になっているので、606年岡本の宮で聖徳太子が推古天皇に対して講説したときの、講義ノートではないかと推測されていました。 本文は何回も字を小刀で削り、紙を貼り付けて推敲・訂正を繰り返した跡があり、また返り点を付けて、書き順を訂正しているのは、日本人が書いた証拠である。 また、筆跡を見ると聖徳太子の字は丸みのある筆跡をしていると述べられました。 書道や筆跡鑑定について非常に詳しい西山先生ならではのお話しでした。

また、法華義疏が真筆であるならば、聖徳太子はもちろん存在した。 また、憲法17条の第10条は聖徳太子以外の誰も作れない思想であり、文章である。17条憲法は聖徳太子が書いたのではないという人がいるが、それならば誰が作ったのか教えて頂きたいとおっしゃっておられました。

以上

追伸: 明日2月22日は時あたかも聖徳太子の命日であり、法隆寺から大阪磯長の叡福寺まで聖徳太子葬送の道を歩く集いがあります。




プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR