2.5時間でまわる法隆寺(2) 法隆寺の聖地は若草伽藍

 法隆寺金堂薬師如来像の光背銘によって法隆寺創建の由来が分ります。これによれば、聖徳太子と推古天皇は、用明天皇の病気平癒を願って、薬師如来像を造り本尊として、607年に法隆寺を創建したとあります。 法隆寺の南大門前の参道西側に屋根付きの看板があり、法隆寺についての解説があります。その下には、法隆寺境内の地図があります。
 創建法隆寺は670年(天智天皇9年)4月30日の火災によって焼けたことが日本書紀に書かれています。
 『夏四月の癸卯の朔壬申に、夜半之後に、法隆寺に災けり。 一屋も餘ること無し。大雨ふり 雷震る。』
現法隆寺の再建・非再建について長い間論争が続いてきましたが、斑鳩町教育委員会による平成16年、18年の発掘調査によって、大量の彩色壁画片が見つかり、若草伽藍の焼失はほぼ確かであると考えられています。

南大門前(左手に案内板)
IMG_5355s.jpg

下馬の石碑と案内板
IMG_5359s.jpg

史跡法隆寺
IMG_5357s.jpg


書き下し
-------------------------------------------------------------------------------------------
史跡 法隆寺境内

 法隆寺は聖徳太子創立、およそ一千四百年の伝統をもつ大伽藍である。金堂、塔を中心とする西院伽藍は、よく上代寺院の相貌を伝え、わが国現存最古の寺院建築として、極めて価値が高い。 その寺地は天平十九年の当寺資材帳に「方一百丈」とあり、また鎌倉時代の古今目録抄などによれば、現地域とほぼ合致している. 夢殿を中心とする東院伽藍は、天平十一年 行信により聖徳太子の斑鳩宮故地に創立されたが、天平宝字五年の東院資材帳に示される寺域は、現東院境内に現中宮寺をあわせた地域とみられる。
すなわち東西両院をふくむ、法隆寺伽藍の全域は、わが国上代寺院史上各種の重要史料を内包し、また斑鳩宮跡、若草伽藍まどの重要遺跡をもあわせて、その歴史的並びに宗教的価値はきわめて高いものである.

-------------------------------------------------------------------------------------------
注1) 天平十九年は西暦747年、2月11日に『法隆寺伽藍縁起并流記資材帳』が作成される。
注2) 寺地の大きさについて資材帳に「合院地四方各一百丈」とあり、その現尺への換算尺は980尺である。中門より南大門まで486尺、伽藍中心線から西大門まで490尺で、980尺の約半分である。その東限は食堂の東の土塀の線に、北限は上堂の南側をさえぎる線にあったことも察せられる(石田茂作著『法隆寺雑記帖』、学生社、昭和34年。)とあるがはっきりした範囲は不明。
注3) 天平十一年は西暦739年。
注4) 天平宝字五年は西暦761年、10月1日に『仏教并資材条(法隆寺東院資材帳)』が作成される。

法隆寺境内地図
IMG_5378s.jpg
 
 現在の法隆寺の境内図を示しています。法隆寺境内は18万7000㎡(約5.7万坪、甲子園球場の約5倍)の広さがあり、西院伽藍と東院伽藍とに分かれています。 この地図で、注目してほしい場所は、南大門の東側大垣の中に描かれている『若草伽藍塔心礎』 と書いてある場所です。 ここが、聖徳太子が607年に創建した法隆寺の聖地で、若草伽藍とよばれます。昭和14年に石田茂作らによって発掘調査が行われ、五重塔と金堂の基壇跡が検出され、聖徳太子が創建した法隆寺は四天王寺式伽藍配置であったことが分りました。
 
東大垣(若草伽藍方面), 平成16年発掘現場
IMG_5469s_20170910135721120.jpg

若草伽藍跡
 法隆寺夏期大学のときに若草伽藍跡が公開されます。本年(2017年)1月に若草伽藍の中門があったとされる民家の跡を発掘調査するとの新聞記事がありましたが、その後斑鳩町当局からは何の発表もないので調査がどうなったのか分かりません。若草伽藍跡については本ブログ記事を参照ください。

2.5時間でまわる法隆寺(1) 松並木

  数年前にNHKで「2時間でまわる法隆寺」という番組があり大変好評でした。聖徳太子の1400年回忌があと4年後に迫ってきて、最近各方面で聖徳太子や法隆寺のことが取り上げられる機会が増えてきました。 本ブログでは「2.5時間でまわる法隆寺」と題して、あまりガイドブックにのっていない法隆寺の見どころも含めて法隆寺の紹介をしたいと思います。

法隆寺iセンター
 まずはじめて法隆寺を参拝される方には、法隆寺参道入り口にある町営駐車場に併設されている、法隆寺iセンターに立寄られることをおすすめいたします。ここでは無料のパンフレットや観光案内情報が得られます。また、グッズも販売しておりますし、食堂もあります。

法隆寺iセンター(駐車場側)
IMG_5621s.jpg

法隆寺iセンター(参道側)
IMG_5624s.jpg


法隆寺参道の松並木(pine avenue)
 約400m続く法隆寺松並木の参道は、鎌倉時代の1261年(弘長元年)に、後嵯峨上皇が法隆寺に行幸されたときに造られました。 このとき、法隆寺の高僧の顕真が上皇の諸堂の案内をされました。 

 法隆寺iセンターを出て、国道25号線沿いから松並木の参道に入ると、参道入口東側に「聖徳宗総本山 法隆寺」(昭和41年4月11日建立 石橋犀水(日本書道教育学会理事長)筆、小谷権六(蒲鉾・大寅社長)寄贈, 西側に 「史跡 法隆寺境内」 (昭和26年6月9日史跡指定、昭和41年3月石碑建立 法隆寺住職 間中定泉(けんちゅうじょういん)筆)の石碑が建っています。

 この参道は昭和7年の国道の工事のとき寸断されましたが、旧参道の松並木が残っており、皇太子という銘の入った天保12年、13年の銘が刻まれた江戸時代の石燈籠一対が残っています。 また、並松(なんまつ)という字名が残っています。

「法隆寺で一番印象深かったのは松並木であった」とおっしゃる外国の観光客がおられました。また、京都御所の松並木に匹敵すると言われる方もいました。 車で来られた場合は通りませんが、是非この素晴らしい松並木の参道を歩いてみることを、おすすめします。

 なお、平安時代に秦致貞によって描かれた国宝の「聖徳太子絵伝」(東京国立博物館蔵)に、聖徳太子が3歳の時、天皇から「松が好きか、桃が好きか」とたずねられたとき、「私は、松は1年中、青々としているので、松が好きです」と太子が答えたというエピソードに基づき、法隆寺境内には松が多く植えられています。

並松旧参道石燈籠一対
IMG_5500s_20170903010624936.jpg

国道25線と参道と南大門
IMG_5505s.jpg

参道入口石碑
IMG_5488s_201709030106229e0.jpg

聖徳宗総本山 法隆寺
IMG_5487s_20170903010621644.jpg

史跡法隆寺旧境内
IMG_5486s.jpg

松並木の参道
IMG_5473s_20170903012721325.jpg

松並木の参道
IMG_5485s.jpg

南大門前
IMG_5380s.jpg

南大門
IMG_5382s.jpg

南大門から中門(工事中)
IMG_5385s.jpg


  



 

法隆寺金堂釈迦三尊像と光背銘

 東野治之(とうのはるゆき)著 「聖徳太子ーほんとうの姿を求めて」 岩波ジュニア新書、2017.4.20、を読みました。 奈良大学でもときどき講義を拝聴しましたが、この本は聖徳太子について色々な角度から深く検討されている一流の学者ならではの、素晴らしい内容でした。 

 この本の中で、聖徳太子のほんとうの姿を求めるための一つの定点として、法隆寺金堂の釈迦三尊とその光背銘を取り上げておられます。 国宝の釈迦三尊像は聖徳太子のために、623年に司馬鞍首止利によって造られた傑作です。中尊の釈迦如来坐像は高さが87.5cmあり、立ち上がると身長は175cmとなり、聖徳太子等身大の像です。造形は中国の北魏や南北朝時代の仏像とよく似ており、一見厳しそうなお顔ですが、よくよく仰ぎ見ると大変やさしく慈悲深いお顔をされております。私は正月の吉祥悔過のときに夜に拝観する機会がありましたが、とても優しい表情をしておられ、魅せられました。

 東野先生は、釈迦三尊像の光背の銘文(14字×14行=196文字の本格的漢文)を特別に調査された結果、銘文は蝋型鋳造という技法で作られたことを物的に証明されました。その結果、この銘は後から刻印されたものではなく、像が造られたときに刻まれたものであることを示されました。これは実はすごい話で、数ある太子関係の史料の中で最も信頼できる史料となります。

IMG_5374s_20170831100440a5f.jpg


以下に金堂釈迦三尊像光背の銘文を紹介します。

:**************************************
**法隆寺釈迦三尊光背銘 (参考文献(2))**
***************************************
法興元丗一年歳次辛巳十二月鬼
前太后崩明年正月廿二日上宮法
皇枕病弗悆干食王后仍以勞疾並  
著於床時王后王子等及與諸臣深
懐愁毒共相發願仰依三寳當造釋
像尺寸王身蒙此願力轉病延壽安
住世間若是定業以背世者往登淨
土早昇妙果二月廿一日癸酉王后
即世翌日法皇登遐癸未年三月中
如願敬造釋迦尊像并侠侍及荘嚴
具竟乘斯微福信道知識現在安隠
出生入死随奉三主紹隆三寳遂共
彼岸普遍六道法界含識得脱苦縁
同趣菩提使司馬鞍首止利佛師造
------------------------------------
読み下し文(参考文献(1))

法興元丗一年(ほうこうげんさんじゅういちねん)、歳(ほし)は辛巳(しんし)に次(やど)る十二月、鬼前太后(太子の母)崩ず。明年正月廿二日、上宮法皇、病に枕して弗悆(ふよ)。干食(かしわで)王后、仍(より)て以(もっ)て労疾(ろうしつ)、並びて床に著(つ)く。時に王后(おうこう)王子等、諸臣及与(と)、深く愁毒を懷(いだ)き、共に相(あい)発願すらく、「仰ぎて三宝に依(よ)り、當(まさ)に釈像(しゃくぞう)の、尺寸王身(しゃくすんおうしん)なるを造るべし。此(こ)の願力(がんりき)を蒙(こうむ)り、病を転じて寿を延(の)べ、世間に安住せむ。若(も)し是れ定業(じょうごう)にして、以て世に背(そむ)かば、往きて浄土に登り、早(すみや)かに妙果(みょうか)に昇らんことを」と。

二月廿一日癸酉(きゆう)、王后即世(そくせい)す。翌日法皇登遐(とうか)す。癸未(きび)年(623年)三月中、願いの如(ごと)く敬(つつし)みて釈迦尊像并(あわ)せて侠侍(きょうじ)、及び荘厳具(しょうごんぐ)を造り竟(おわ)る。斯(こ)の微福(びふく)に乗じ、道を信ずる知識、現在安隠(げんざいあんのん)にして、生(しょう)を出でて死に入り、三主(さんしゅ)に随(したが)い奉(たてまつ)り、三宝を紹隆(しょうりゅう)し、遂(つい)には彼岸(ひがん)を共にし、六道(ろくどう)に普遍(ふへん)せる、法界の含識(がんしき)、苦縁(くえん)を脱するを得て、同じく菩提(ぼだい)に趣(おもむ)かむことを。司馬鞍首止利仏師(しばのくらつくりのおびととりぶっし)をして造ら使(し)む。

------------------------------------
解釈文(筆者)

法興元丗一年、辛巳(かのとみ、推古29年=西暦621年)12月に鬼前太后(聖徳太子の母)が亡くなった。その翌年(622年)の正月22日に上宮法皇(太子)も病に倒れ、また看病の疲れか妃の干食王后(かしわでおうこう)(膳菩岐々美郎女)も並んで床についた。時に、王后と王子等及び諸臣ともに深く愁えを懐いて次のように発願した。「三宝の仰せに従い、釈像の尺寸王身、すなわち太子と等身大の釈迦像を造ることを誓願する。この誓願の力によって転病延寿すなわち、病気を平癒し寿命を延ばし、世間で安住することを願う。もし、前世の報いによってこの世を去るのであれば、死後は浄土に登り、はやく妙果に昇らんことを願う」

しかし、622年2月21日に膳夫人が薨じ、翌日、聖徳太子も薨じた。そして、癸未(みずのとひつじ、推古31年=623年)3月中に、願いのごとく謹んで釈迦尊像と挟侍および荘厳具を造りおえた。この小さな善行により、道を信じる知識(造像の施主たち)は、現世では安穏を得て、死後は、三主(太子の母、聖徳太子、膳妃)に従い、三宝を紹隆して、ついに彼岸を共にし、悟りに至り、六道を輪廻する一切衆生も、苦しみの因縁から脱して、同じように菩提に至ることを祈る。この像は司馬鞍首止利という仏師に造像させた。

参考
(1)東野治之「聖徳太子」岩波ジュニア新書、2017.4.20 
(2)奈良六大寺大観「法隆寺」第一巻、p.23、岩波書店、1972

聖徳太子信仰の展開

 8月20日(日)に開催された奈良県王寺町観光協会主催の歴史リレー講座、西大寺清浄院住職佐伯俊源氏による「聖徳太子信仰の展開」に参加しました。佐伯氏は講演のはじめにアベノハルカスで開催されている「西大寺展」の紹介をされました。西大寺は765年に称徳天皇によって創建された東大寺にも匹敵する巨大な官寺でしたが、平安遷都後荒廃しました。

 鎌倉時代に叡尊が西大寺を拠点として、真言律宗を起こし、最盛期には全国で1500ケ寺の末寺を有する総本山として栄えました。現在は約100ケ寺の末寺を有し、西大寺一門が所有する仏像や宝物が、あべのハルカス美術館で展示されています。先日、本ブログで京都浄瑠璃寺の吉祥天像の拝観を報告しましたが展示期間が終り現在は展示されていません。

叡尊は民衆に信仰を広げるため信仰の入口を多様にし、聖徳太子信仰も広めました。このとき、法隆寺の末寺も復興しました。元興寺の聖徳太子16歳像、2歳像も展示されていますが、叡尊の下で造られたものです。

佐伯氏は最近の聖徳太子が教科書から消えるような状況に大変批判的で、佐伯氏が執筆した岩波仏教辞典の「聖徳太子」の項目の紹介を行い、聖徳太子の経歴と、事績について詳しく述べられ、火のない所に煙は立たない、つまり聖徳太子の実在について述べられました。最後に聖徳太子に関する次の2つの書物を紹介されました。

・ 石井公成 「聖徳太子 実像と伝説の間」 春秋社 2016
・ 東野治之 「聖徳太子 -ほんとうの姿を求めて」 岩波ジュニア新書、2017

なお、講演会の後、王寺町の学芸員の案内で達磨寺所蔵の涅槃図(重要文化財)の説明がありました。
最近、王寺町では町長が変わってから大変精力的に歴史講座を開いたり、達磨寺やマスコットキャラクタ雪丸の押出しをやっています。頼もしい限りです。

講座看板
IMG_3654s_20170822004006125.jpg

王寺町達磨寺涅槃図(重要文化財)
IMG_3659s_20170822003348cab.jpg

絵の中の菩薩の説明
IMG_3657s_20170822004008ac4.jpg

涅槃図(複写)
IMG_3661s_20170822003349ce1.jpg

赤外線写真(複写)
IMG_3663s_20170822003351fb5.jpg

 

中国河南省の旅(15/15) 鄭州市内の2つの博物館

 中国河南省の省都・鄭州市にある2つの博物館に行きました。

河南省博物院は、1927年に創建され、80年の歴史を有する中国の最重要博物館で、「故宮」に次ぐ価値の高い所蔵品を多数所蔵しています。 しかし、現在博物館の建物は工事中で、仮設の場所で一部の所蔵品が展示されていました。

河南省博物院
IMG_1769s_20170818001514387.jpg

博物館は工事中
IMG_1763s.jpg

仮展示場
IMG_1770s_2017081800151581f.jpg

正面広場
IMG_1774s.jpg

陶院落(明代墓より出土)
楼閣と家屋の配置参照
IMG_1779s_201708180032194aa.jpg

IMG_1778s.jpg

IMG_1780s_201708180032219ca.jpg

青銅器鼎
IMG_1803s.jpg

IMG_1801s_201708180032227ca.jpg

IMG_1807s.jpg

IMG_1810s.jpg

IMG_1815s_20170818152327452.jpg

IMG_1818s_201708181523284d3.jpg

IMG_1802s.jpg

IMG_1805s.jpg

唐三彩 馬
IMG_1887s_20170818003724131.jpg

唐三彩 神獣
IMG_1890s.jpg

唐三彩 枕
IMG_1904s.jpg

大壁画 龍
IMG_1893s.jpg

白虎
IMG_1897s_20170818154345673.jpg

IMG_1896s_2017081815434417e.jpg

玄奘三蔵
IMG_1882s_20170818165840bfd.jpg

IMG_1878s_20170818165839dce.jpg

IMG_1848s_2017081816583797d.jpg

IMG_1998s_201708181700342bc.jpg

IMG_1823s.jpg

IMG_1986s_20170818165835005.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------
鄭州市博物館
IMG_2088s.jpg


IMG_1999s_20170818171405e7e.jpg

IMG_2000s_20170818171406442.jpg

北魏から唐代の仏像が展示されていましたが、廃仏稀釈などの影響か、首のない石像が多かったです。
IMG_2019s.jpg

IMG_2007s_20170818172724ece.jpg

IMG_2005s_20170818171408463.jpg

IMG_2006s_20170818171409d02.jpg

IMG_2012s_20170818171411e7e.jpg

IMG_2015s_201708181734409b2.jpg

IMG_2027s.jpg

IMG_2024s.jpg

IMG_2057s.jpg

IMG_2066s.jpg







 
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR