中宮寺跡史跡公園

 2018年5月13日に斑鳩町の中宮寺跡史跡公園がオープンしました。 中宮寺は聖徳太子が母の穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)が居住していた宮(中宮)跡に寺を建立したと伝えられ、聖徳太子建立七カ寺の一つとされています。

中宮寺は飛鳥時代にオープンした史跡公園が所在する幸前(こうぜん)の地に創建されましたが、室町時代の永正年間(1504年~1521年)に、法隆寺の夢殿の近くの現在地に移りました。 天文年間(1532年~55年)頃に、伏見宮貞敦親王の皇女尊智大王(慈覚院宮)が入寺してから、門跡寺院となり、斑鳩御所とも呼ばれ、現在も門跡が住職です。

本尊は国宝菩薩半跏像(木造、伝如意輪観世音菩薩)で有名です。また、聖徳太子の妃の橘大郎女が聖徳太子が往生した世界を絹の刺繍で表した天寿国繍帳(国宝、中宮寺・奈良国立博物館で保管)も有名です。

1963年(昭和38年)から中宮寺跡の土壇の調査が始まり、1984年には土壇の南半分が塔、北半分が金堂であったことが発掘調査によって分り、塔と金堂が南北に並ぶ四天王寺式の伽藍配置であることが分りました。その後の調査では、回廊や講堂などは確認できなかったですが、寺の敷地を囲んでいた塀などが見つかっています。

中宮寺の塔と金堂跡の復元
 塔と金堂の基壇を復元し、礎石を復元して、建物の大きさが実感できるように整備しています。また、基壇の西側から北西部は農地のままの姿を残しています。 史跡公園北側の東屋風の休憩所からは、斑鳩三塔を望むことができます。他の2カ所の休憩所からは二塔が見えます。 当時と変わらぬ風景を残すこの地に立って、いにしえの中宮寺を訪れた人々に思いを馳せました。

--
中宮寺跡史跡公園

IMG_0946s_201806052207189b1.jpg

説明板
IMG_0894s.jpg

IMG_1340t.jpg

IMG_0901s_2018060522400798b.jpg


IMG_1341t.jpg

法輪寺三重塔と松尾山NHK鉄塔
IMG_0931s.jpg

法隆寺五重塔
IMG_0955s_201806052207191d3.jpg

中宮寺跡(南側から塔と金堂)
IMG_1344s.jpg

中宮寺史跡石標
IMG_1364s.jpg

塔の基壇と礎石レプリカ
IMG_1365s_20180605220725f09.jpg

金堂跡と塔跡説明
IMG_1349s_20180605220722751.jpg

IMG_1406s_20180605224305002.jpg

IMG_1405s.jpg

IMG_1398s.jpg

IMG_1402s.jpg

IMG_1399s_2018060522430144e.jpg

IMG_1397s.jpg

IMG_1396s_2018060522425725e.jpg

IMG_1395s_20180605224256341.jpg

--

IMG_1366s.jpg

四天柱と心礎レプリカ
IMG_1368s.jpg

IMG_1370s.jpg

IMG_1369s.jpg

--
寺域の北を限る塀
IMG_0907s.jpg

北門跡
IMG_0911s.jpg

休憩所
IMG_0913s.jpg

斑鳩三塔の方向
IMG_0916s_2018060620574127c.jpg

北から南を望む寺域 葛城山遠望
IMG_0918s_2018060620574352d.jpg

休憩所
IMG_0921s.jpg

寺域の東を限る塀
IMG_0919s_201806062057453e7.jpg










第68回(2018年)法隆寺夏期大学開催要項

2018年度の第68回法隆寺夏期大学(7月26日~29日)の開催要項が送られてきました。昨年度参加回数が5回となり表彰を受けましたが、今年も参加を予定しています。最近は参加希望者が多く、申込み締切日前に満席となりますので、6月中には申込みを済ませたいものです。

法隆寺の夏期大学は毎年、充実した講師陣の講座が開催されますので楽しみです。夏期大学初日午後には、普段は非公開の若草伽藍の特別拝観があります。また、焼損壁画収蔵庫の拝観もあります。そして、夢殿の国宝の救世観音像や聖霊院の秘仏の国宝聖徳太子像などが拝観できます。参加費は3000円です。申込み方法は法隆寺にお問い合わせください。

IMG_20180602_0003t.jpg

IMG_20180602_0004t.jpg

當麻路の史跡を巡る(4)

石光寺(せっこうじ)

 石光寺は今から約1300年前に、天智天皇勅願により役小角によって開基された名刹です。1991年に弥勒堂改築に伴う発掘調査で、日本最古の白鳳時代の石仏(弥勒像)が出土し、大きく報道されました。 境内には奈良時代前期の塔心礎が残っています。盛時は相当大規模な伽藍配置の大きなお寺でした。

 石光寺は別名が染寺とも呼ばれ、中将姫ゆかりの「染の井」と「糸掛桜」があります。
また、関西花の寺霊場の第20番札所となっており、寒牡丹、春牡丹、シャクヤクなどが季節に応じて咲き乱れる、とても美しい花の御寺です。

石光寺標柱
IMG_1226s.jpg

山門
IMG_1225s_20180519222244e04.jpg

花(芍薬、牡丹)
IMG_1228s.jpg

砂(○と□)
IMG_1227s_20180519222247744.jpg

弥勒堂
IMG_1259s.jpg

出土石仏の説明
IMG_1238s.jpg

頭部
IMG_1245s_20180519222253e89.jpg

台座
IMG_1244s.jpg


弥勒石仏の写真
IMG_1250s_201805192222540bf.jpg

--
塔心礎と舎利孔の写真
IMG_1264s_201805192230257aa.jpg

--
中将姫ご縁の「染の井」と「糸掛桜」
IMG_1294s_20180519222306532.jpg

IMG_1295s.jpg

IMG_1297s.jpg

IMG_1296s.jpg

--
境内の花
IMG_1267s_20180519223027698.jpg
IMG_1269s_201805192230289d8.jpg
IMG_1280s_20180519223033313.jpg
IMG_1281s_20180519223034977.jpg
IMG_1281s_20180519223034977.jpg
IMG_1287s_201805192230379b3.jpg
IMG_1271s_20180519223030e52.jpg
IMG_1274s_20180519223031631.jpg
IMG_1284s_20180519223036e20.jpg
IMG_1289s_20180519223039a76.jpg

當麻路の史跡巡り(3)


鳥谷口古墳
 傘堂を西に行くと西大池を過ぎた二上山への登山道脇の丘陵の頂上付近に鳥谷口古墳があります。 この古墳は、飛鳥時代終末期の古墳で、一辺7.6mの方墳です。墳丘は版築で腰高に築かれており、山裾部には人頭大の貼石が葺かれていたそうです。

墓室は横口式石槨構造で、内部には漆塗り木棺が収められていました。底石や北側壁石に家形石棺の蓋石が使用されています。
この古墳は改葬墓の可能性が高く、大津皇子の墓であると考える説もあります。墳丘から明日香や多武峰、畝傍山などが一望できとても景色の良い所です。

それにしても、謀反の疑いで死を賜った大津皇子の墓にしては、転用の蓋石を使った石槨に葬られるなど、余りにも不遇の身が憐れを誘います。 伊勢の斎王であった、姉大来皇女の鬼気迫る、次の万葉歌が千数百年の歳月を越え、私たちの心をうちます。

--
大津の皇子の屍を葛城の二上山に移し葬る時に、大来皇女の哀傷して作らす歌二首
  「うつそみの 人なる我や 明日よりは 二上山を 弟と我が見む」 (巻2-165)
  「磯の上に 生ふる馬酔木を 手折らめど 見すべき君が ありといはなくに」 (巻2-166)

 「神風の 伊勢の国にも あらましを なにしか来けむ 君もあらなくに」 (巻2-163)
 「見まく欲り 我がする君も あらなくに なにしか来けむ 馬疲るるに」  (巻2-164)
--
鳥谷口古墳(奈良県指定史跡)説明板
IMG_1195s.jpg

墳丘
IMG_1199s_20180519013825864.jpg

墳頂近く
IMG_1220s.jpg

史跡指定
IMG_1203s.jpg

石室が保護
IMG_1218s.jpg

内部の石槨
IMG_1204s_201805190138289da.jpg

大和盆地
IMG_1214s.jpg

畝傍山
IMG_1213s.jpg
      

當麻路の史跡巡り(2)

中将姫の墓塔
 當麻寺の北門を出て、二上山麓の集落の墓地に入った場所に、中将姫の墓塔と伝わる十三重の石塔があります。ここから、二上山が望める良い場所に建っています。

中将姫の墓塔説明板
IMG_1163s.jpg

十三重石塔
  中将姫の墓塔との伝承がる。花崗岩製で高さ2.85m、塔身に二重円光背を彫り、蓮華座の四方に四仏を彫っている。相輪は欠損している。鎌倉末の作。
 左横に凝灰岩製の層塔が残る。基礎は低く、塔身に金剛四仏の種子を雄大な字体で、薬研彫りしている。

IMG_1172s_20180517221127726.jpg

二上山を眺望
IMG_1169s.jpg

五輪塔
 古様な形態の五輪塔。平安後期の造立と考えられる。国重要文化財。

IMG_1170s_20180518101518f16.jpg


--
傘堂
  郡山藩主本多政勝(1614-1671)の影堂または位牌堂として、郡奉行吉弘統家によって建立されたことが、鐘に刻まれています。 真柱一本の宝形造木瓦葺です。北側に釣鐘を吊るす器具が取り付けられています。東側の上の台座に阿弥陀仏が安置されており、5月14日に特別に開扉される。

傘堂説明板
IMG_1177s_201805172220551ff.jpg

傘堂全景
IMG_1185s_201805172220593a2.jpg

傘堂(東側)
IMG_1183s.jpg


軒丸瓦(本多家銘)
IMG_1187s_20180517222100119.jpg


IMG_1180s.jpg


IMG_1192s.jpg

阿弥陀如来像安置
 5月14日に御開帳となる。
IMG_1193s.jpg

--
當麻山口神社
 二上山裾、岩屋越えの街道沿いに所在する、式内大社である。平城遷都後に追加された大和八社の山口神社の一つである。

IMG_1174s.jpg

IMG_1175s.jpg

IMG_1223s_20180518103347a9a.jpg

IMG_1222s_20180518103346cf1.jpg










プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR