FC2ブログ

水運の歴史をたどり聖徳太子ゆかりの地を歩く

 2018年9月24日に安堵観光ボランティアガイドの会の案内で、「水運の歴史をたどり聖徳太子ゆかりの地を歩く」イベントで約14キロ歩いてきました。

安堵町は大和郡山市、斑鳩町、川西町、河合町と境界を接し、富雄川と岡崎川が大和川に合流する低地にあります。奈良盆地の佐保川、寺川、曽我川、飛鳥川などの河川は、この付近ですべて大和川に合流しています。

 飛鳥時代には難波と飛鳥を結ぶ水上交通の要衝で、隋・唐などとの交流の拠点となりました。日本書紀に記述がある「阿斗桑市」や「阿斗の河辺の館」(迎賓館)は「阿斗」が後に「安堵」になったという説もあります。 

江戸時代から明治中頃(鉄道が開通する)までは、河内と大和の産物を運ぶ水運が盛んで、御幸ヶ瀬浜や、板屋ヶ瀬浜の川港が賑いました。

飽波神社は、聖徳太子が亡くなった飽波宮跡であるという伝承があります。また、斑鳩と明日香を結ぶ太子道が現在も一部残っており、安堵町内を通っています。法隆寺の秋の太子道を歩くイベントでは、法隆寺から明日香の橘寺まで太子道(筋違道)を通って歩きますが、飽波神社に立寄ります。

今回のウォーキングのコースは次の通りです。

 JR法隆寺駅→御幸ケ瀬浜→下窪田杵築神社→常徳寺→板屋ケ瀬浜遠望→中家→馬場塚→中窪田杵築神社→聖徳太子像→中央公園→高塚→極楽寺→歴史民俗資料館→飽波神社→木戸池遺構(天理軽便鉄道跡)→JR法隆寺駅

----
JR法隆寺駅
IMG_2414s_20180930001758fe7.jpg

天理軽便鉄道 新法隆寺駅(向い)附近
IMG_2424s_20180930001802f33.jpg

レンガ造鉄橋跡
IMG_2422s.jpg

富雄川(葛城山、金剛山を遠望)
IMG_2440s_20180929224625fed.jpg

富雄川が大和川へ合流
 この辺りに御幸ケ瀬浜があり川港跡で、かっては帆をかけた「漁梁船」で賑っていました。 吉田吉右衛門家が荷継問屋を営んでいました。
IMG_2452s_20180929225505279.jpg


河川管理境界
IMG_2450s_2018092922462767e.jpg

岡崎川と大和川の合流地点
IMG_2454s.jpg

岡崎川ゲート(ゲートが閉まると岡崎川が内水となり、浸水する)
IMG_2456s.jpg

岡崎川からゲート方面
IMG_2459s.jpg

岡崎川に架かる橋、西名阪国道を潜る。
IMG_2457s_2018093010560089f.jpg

蘇武の里と芹摘姫物語(前方は大和川の堤防、その先は広瀬神社)
 太子道が大和川にかかるあたりは蘇武の里とよばれています。芹の産地で芹摘姫伝説が残っています。
 聖徳太子に見初められた、菩岐々美郎女(ほききのいらつめ)は、この辺りで芹を摘んでいました。

IMG_2461s_201809301056032b0.jpg

下窪田杵築神社(祭神 素盞鳴尊(スサノオの命)
  地蔵堂に美しい地蔵菩薩(木造、彩色、平安時代)像が祀られています。いつの頃か大和川を流れてきたという伝説があります。

鳥居
台風21号で境内の大木が裂けました。その後が生々しい。
IMG_2483s.jpg

由緒
IMG_2468s.jpg

拝殿
IMG_2474s_20180930001805d49.jpg


--
常徳寺
IMG_2493s_20180930001808ad1.jpg

--
中家住宅(国指定重要文化財)
  大和を代表する大和棟の二重の掘を備えた、環濠屋敷で、敷地面積は3500坪あります。表門、主屋、新座敷、米蔵、新蔵、
牛小屋、持仏堂などが重要文化財に指定されています。

屋敷案内地図
IMG_2516s_2018092922463230b.jpg

主門
IMG_2526s_2018093011450308d.jpg

主屋
IMG_2555s_2018093011450728a.jpg

掘を渡って竹藪を行く
IMG_2562s_20180930114508957.jpg

持仏堂(中家のお寺)
IMG_2586s_2018093011451576e.jpg


IMG_2579s_2018093011451288b.jpg

IMG_2582s_20180930114513b06.jpg

IMG_2585s_20180930114514917.jpg

--
馬場塚

IMG_2591s_2018093011574694c.jpg

IMG_2602s.jpg

IMG_2595s_20180930115748948.jpg

--
中窪田杵築神社

IMG_2624s_20180930115755210.jpg

IMG_2605s_20180930115750418.jpg

IMG_2623s_20180930115754e7e.jpg

十三重石塔(平安時代)
相輪が欠け7重になったが、元々は十三重石塔で下方に四仏の種字が彫られている。修理したとき、方向を間違えたようです。

IMG_2621s_20180930115753d67.jpg

--
巨大 聖徳太子かかしオブジェ
IMG_2636s_2018093011575789a.jpg

IMG_2640s_20180930115758321.jpg

IMG_2644s_20180930115802c4a.jpg

IMG_2642s_2018093011575931f.jpg

--
歴史民俗資料館
  平成5年に、今村家より寄贈された土地建物を修復しで、安堵町歴史民俗資料館を作った。

IMG_2744s_201809301158091f3.jpg

庭園
IMG_2665s.jpg

IMG_2682s.jpg




御衣黄
IMG_2678s_20180930131029a7d.jpg

IMG_2675s.jpg

IMG_2676s_201809301310275ee.jpg


今村勤三顕彰碑
IMG_2669s.jpg

灯芯説明
IMG_2713s.jpg

天理軽便鉄道路線
  大正4年、新法隆寺駅から天理駅まで9.2kmの鉄道が開通した。当初は一日13往復した。大正10年新法隆寺から平端駅の折り返し運転となり、昭和20年線路が軍に供出され廃線となった。

IMG_2725s_20180930115808c63.jpg

飽波神社(祭神 素盞鳴尊、東・西安堵の氏神)
  聖徳太子が休憩した腰掛石がある。なもで踊りは江戸時代の雨乞い祈願成就の踊りである。絵馬がある。

IMG_2802s_20180930133826b90.jpg

なもで踊りを特別に見せて頂きました。
IMG_2762s_20180930132748ada.jpg

IMG_2784s.jpg

IMG_2787s.jpg



--
極楽寺(真言宗、聖徳太子建立46ケ寺の一つ)
 恵心僧都が諸堂を再建し、極楽寺と改めた。本堂に安置されている本尊阿弥陀如来は平安時代の定朝様で、重要文化財。脇侍の聖観音像は平安中期の木造で、安堵町指定文化財。本堂外のお堂に安置されている高さ4mの阿弥陀如来坐像は、広島大とよばれ、被爆広島の人々の心のよりどころになりました。今回は御簾が懸っており写真だけ拝観しました。

極楽寺山門
IMG_2791s.jpg


IMG_2794s.jpg

IMG_2799s.jpg

--
天理軽便鉄道木戸池遺構

木戸池の堤のレンガの遺構が残る。
IMG_2807s.jpg


IMG_2820s_201809301347482b6.jpg

IMG_2824s.jpg




矢田丘陵の寺々 その1 松尾寺

 2018年9月2日に、西山厚先生同行のバスツアーで矢田丘陵の寺々を訪ねました。矢田丘陵は奈良盆地の西側に生駒市から斑鳩町まで南北に連なる高さ300メートル前後の峰々から成る丘陵で、奈良県立自然公園となっており、ハイキング道が整備されています。 この丘陵の中腹から麓に北から霊山寺、東明寺、矢田寺、松尾寺、法隆寺があります。

松尾寺は寺伝によれば、718年(養老2年)、天武天皇の皇子の舎人親王(とねりしんのう)(676~735)が、日本書紀の完成と、自身の42歳の厄除を祈願して建立されました。松尾寺は日本最古の厄除霊場として知られております。

舎人親王は2月の初午(はつうま)の日に、松尾山にこもり祈願をしていたおり、厄除けのご本尊千手千眼観音が降臨されました。
降臨された場所は、南門より300メートル離れた位置にあり、「舎人親王伏し拝み伝承の地」の掲示板が建っています。

法隆寺から松尾寺南門までの道(約2km、18町)には1丁ごとに丁石が建てられています。

法隆寺東院縁起には舎人親王の発願で、僧永業が金堂を建立したとあり、創建当時は法隆寺の別院で、法相宗であったとも伝えられていますが、中世から江戸時代にかけては、興福寺一乗院の末寺になっています。また、明治初期までは、修験道の拠点となっていたことから、修験道関係の史料や仏像が多数残っています。

本堂(1337年(建武4)再建、重要文化財)
 間口5間、奥行5間の5間四方、一重、入母屋造りである。内部は格子で内外陣を区分し、内陣には木造須弥壇及び厨子を置き、厄除のご本尊、千手千眼観音立像(室町初期、檜の寄木造り、県指定文化財)を祀る。像は頭部に十一面化仏を戴き、本体部に42手、光背部に小さい千手千眼手が配置してあります。この日は厨子は閉ざされ、 毎年、11月3日に本尊秘仏が御開扉されます。
 本堂裏手に、珍しい舎人親王像(江戸時代)が開帳されており、拝観しました。また、本堂裏手の天井裏で発見された、焼損千手観音像(奈良時代)いわゆるトルソー(白洲正子がそう呼んだ)は、宝蔵殿で拝観できました。

行者堂
 行者堂の役行者像は御開帳されており、なかなか魅力的な像でした。頭巾をかぶり、高下駄を履き、岩座に腰かける像で、総高は1.8mにおよぶ大きな像でした。杉材の木目が粗い材の寄木造りです。下方左右に前鬼、後鬼が独特の風貌で控えていました。また、役行者の母公が向かって左におられました。母公を大事にする役行者の孝行を表しています。

 なお、江戸時代に全国的に活躍した円空作の役行者像が宝蔵殿で展示されており、拝観しました。像高30.4cmの笑みをたたえた役行者像は珍しく、丁寧な彫は、円空仏では珍しいのかも知れません。一見の価値があります。

七福神堂
 堂内に七福神が祀られています。重要文化財の大黒天は弘法大師の作と伝えられ、眉をひそめた怒りの表情をしており、修行の姿をしている大黒天は珍しいとのことです。なかなか魅力的な像で何か魅せられる姿をしていました。山岳修験のお寺にふさわしい大黒天像だと思いました。


松尾寺山門(北門)
IMG_6956s.jpg

霊泉
IMG_6958s_2018091423065240e.jpg

柴燈大法要(9月2日)
IMG_6976s_201809142306551a7.jpg

修験者
IMG_6985s_201809150112478bd.jpg

本堂前で護摩法要
IMG_7001s_20180915011249404.jpg

IMG_7068s_20180916103908fb5.jpg


護摩の煙
IMG_7033s.jpg

修験者が集結
IMG_7032s_20180915011251901.jpg

行者堂
IMG_7012s.jpg

七福神堂
IMG_7006s.jpg

煙る三重塔
IMG_7038s_201809150112531c2.jpg

松尾神社へ(奈良時代の松尾寺遺跡)
 奈良時代には観音堂があった場所だそうで、発掘によって遺物が出土している場所です。現在は神社となっています。
奈良平野の眺望が抜群です。

IMG_7051s_20180915010207805.jpg

松尾神社石段
IMG_7041s.jpg

鳥居
IMG_7043s.jpg

拝殿
IMG_7045s_20180915010203055.jpg

奈良盆地一望
IMG_7048s.jpg

--
舎人親王伏し拝みの道へ

IMG_7071s_201809161039101a7.jpg

松尾寺境内絵図
IMG_7072s_20180916103911b3e.jpg

南門
IMG_7075s.jpg

宝蔵殿
  南門出てすぐの場所に宝蔵殿があります。南門から法隆寺まで山道が開けています。
秋の寺宝公開が行われています。寺宝では注目すべき仏像が色々あります。中でも衝撃的なのは焼損千手観音像残闕でし た。


IMG_7077s_20180915013131e51.jpg

焼損仏像残闕
 昭和28年、本堂解体修理中に、本堂裏側の廊下の天井裏から菰包みの状態で発見された、両足両手を焼失した旧本尊の残闕と推定される仏像です。白洲正子はトルソーと表現しましたが、これは仏像の残闕で、魂が入った均斉のとれたとても魅力的な仏像です。



台風21号による法隆寺風鐸落下

 2018年9月4日正午頃徳島県南部に上陸した台風21号は、1961年の第2室戸台風以来の猛威をふるって、16時頃日本海に抜けました。

奈良市近辺では、台風が神戸市に再上陸してから、風速が強まり、福知山辺りを通過しているときが、一番風が強く,おそらく風速40メートル近くだったと推測します。

 奈良盆地は、紀伊半島に聳える2000メートル級の台高山脈などの峰々に守られ、南東の強風は遮りますが、大阪湾を通過して、神戸、福知山を通過するときの吹き返しの風は、金剛・葛城・生駒の山ではさえぎることができず、強風が吹きます。

法隆寺は9月4日朝には台風21号襲来に備えて、拝観中止の措置をとりました。境内には強風で折れた松の枝が散乱していましたが、金堂の風鐸と五重塔相輪の風鐸の舌(ぜつ)が強風で外れて、地上に落下してTVニュースで報道されていました。

風鐸は金堂や五重塔の軒先にぶら下がる飾りで、強い風が吹くと、カラカラと音がしますが、大きなお寺の行事のときは、ここに幡を垂らして飾りつけをします。

今回、25年ぶりの強風が吹きましたが、1300年前に建立された、金堂と五重塔、その他の建物には大きな被害がなかったようです。

法隆寺松並木の片づけ
IMG_2392s_20180907122427c51.jpg


IMG_2394s_20180907121740a13.jpg

南大門前
IMG_2398s_20180907121742d80.jpg

五重塔
IMG_2402s_20180907121745e6d.jpg

舌が付いた風鐸
IMG_2399s.jpg

舌が外れた風鐸
IMG_2400s.jpg

金堂
IMG_2403s_20180907121747428.jpg

舌の外れた風鐸
IMG_2404s.jpg

東から五重塔と金堂
IMG_2407s_2018090712175013c.jpg

「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」 子規の句碑
 松の枝が強風で折れている
IMG_2410s.jpg

鏡池の泥水
IMG_2408s.jpg


台風が過ぎ去ったと思ったら、直後に北海道、厚真を震源とした、震度7の大きな直下型地震が発生し、次から次へと大きな災害が発生し、留まることを知りません。古代の大王は天変地異による災害が発生する度に、それは自分の政治が良くないからだと心を痛めて、神仏にお祈りして、救済事業を行い、御恩赦を行いました。 

為政者の政治が悪いから災害が起こると考えた古代の大王が考えた思想は、現在にも生きているような気がしてなりません。


信貴山 その2

寺伝によれば、信貴山は聖徳太子が物部守屋征伐に向かう際、この地で毘沙門天を感得して、戦勝祈願をおこなったことから、戦の後に毘沙門天像を安置し、お寺を創建し、この山を「信ずべき山、貴ぶべき山」と呼び信貴山と名付けました。

その後、信貴山中興の祖である、命蓮上人が醍醐天皇の病を治癒したことから、天皇から、「朝廟安穏、守護国土、子孫長久」を意味する「朝護孫子寺(ちょうご そんし じ)」という勅命を賜りました。

空鉢護法堂は信貴山頂上に建つお堂で、信貴山城の本丸の跡に建つ。1559年に松永久秀が信貴山城を築き、大修復を行った。
信貴山城跡は最近、地元ボランティアの手で整備され、貴重な城跡を見学できるようになっている。


本堂 
IMG_2168s_20180829120100bef.jpg

信貴山 朝護孫子寺 門柱
IMG_2170s_201808291201018b6.jpg

本堂舞台から眺望
IMG_2173s_20180829120102d3f.jpg

大和平野一望
IMG_2174s_201808291201042f6.jpg

御本尊毘沙門天王
IMG_2183s_2018082912010504f.jpg


IMG_2184s_20180829120106adb.jpg

IMG_2169s.jpg

--
空鉢護法堂・信貴山城跡へ登山

IMG_2256s_201808291450418a8.jpg

多宝塔横から階段を上る
IMG_2196s_20180829145023b84.jpg

IMG_2255s_20180829154628620.jpg

IMG_2254s_201808291546264ac.jpg

やっと山頂に着きました。
空鉢護法堂(信貴山城本丸跡に建つ)
IMG_2202s_201808291450273d5.jpg

IMG_2203s_2018082914502812c.jpg

IMG_2218s_20180829145030423.jpg

IMG_2223s_20180829145031714.jpg

信貴山城趾の石碑
IMG_2227s_20180829145034132.jpg

地図
IMG_2226s.jpg

山頂からの眺望は素晴らしい
眺望1
IMG_2199s.jpg
眺望2
IMG_2198s.jpg
眺望3
IMG_2197s_20180829151233592.jpg
眺望4
IMG_2201s_2018082915123854d.jpg
眺望5
IMG_2200s_2018082915123654f.jpg

赤い鳥居をくぐって松永屋敷跡へ
IMG_2222s_20180829151239724.jpg

IMG_2235s.jpg

IMG_2236s_20180829151242638.jpg

IMG_2238s.jpg

IMG_2242s.jpg

IMG_2244s_20180829151248548.jpg

IMG_2247s.jpg

信貴山城CGイメージ
IMG_2210s.jpg

信貴山 その1

6月末に信貴山に下見に行ってきました。駐車場に車を止めて、石の鳥居をくぐります。「多聞天」の額が見えます。

IMG_2095s_201808270242096fb.jpg

多聞天と刻まれた額
IMG_2097s_20180827024210c70.jpg

信貴山観光センターの前に地図がありました。
IMG_2083s_20180827024200c72.jpg

文化庁登録有形文化財の開運橋
IMG_2087s.jpg

橋の手前が平群町、向いが三郷町;川が町の境界
IMG_2085s.jpg

IMG_2090s.jpg

美しいアーチ形の橋
IMG_2091s.jpg

バンディジャンプ台
IMG_2092s_201808270242072e6.jpg


開山堂
IMG_2108s.jpg


IMG_2110s.jpg

張子の寅から本堂遠望
IMG_2111s.jpg

千手の公孫樹
IMG_2114s.jpg


IMG_2117s_20180827024219fcd.jpg

枝が千手のように繁っている
IMG_2116s.jpg

騎乗聖徳太子像
IMG_2121s.jpg

説明
IMG_2120s.jpg


IMG_2122s_201808270242223f4.jpg

神木かやの木(樹齢推定1500年)

IMG_2126s_20180827024227004.jpg

IMG_2123s.jpg


IMG_2134s.jpg
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR