FC2ブログ

東大寺俊乗堂特別開扉

 7月5日に所属する歴史愛好会の例会で、 東大寺復興の拠点となった鐘楼が立つ丘の史跡を尋ねました。

2019年7月5日は、治承4年(1180)の平氏による東大寺焼打ち後、東大寺の復興に大きな足跡を残した俊乗房重源上人(1121〜1206)の命日に当たり、鐘楼の丘エリアに建つ俊乗堂(江戸時代建立)に東大寺の僧侶が出仕し、厳粛に法要が営まれました。

法要終了後、俊乗堂の扉が開かれ、秘仏が一般にご開帳になりました。 俊乗堂が開扉されるのは、7月5日の俊乗忌と12月16日の良弁忌の日だけです。 

ご本尊の重源上人坐像(鎌倉時代、国宝)は、口を固く結び、骨太の手には数珠を繰り出し、全体像は岩をも砕くような強固な意志を持つ、晩年の重源上人像をリアルに表す傑作です。伝快慶作と伝えられているそうですが、最近では作風からして運慶作説も有力だそうです。

正面に向かって左手には、愛染明王坐像(平安時代、重要文化財)が安置されています。この像を拝観して、西大寺の愛染明王像を思い出しました。

正面右手には、穏やかな表情の阿弥陀如来(鎌倉時代、快慶作、重要文化財)がお立ちになった像がありました。 足に怪我をされており、痛々しかったです。

俊乗堂の他、念仏堂、行基堂、鐘楼の建築様式などについて説明を受けた後、法華堂を拝観し、大湯屋へ行く予定でしたが、この日は、大湯屋は非公開のため見学はできませんでした。今後も大湯屋の公開の予定はないそうです。

--
俊乗堂
IMG_0030s_20190714180355034.jpg


IMG_0069s_20190714180400974.jpg

説明板
IMG_0033s_20190714180357e3b.jpg

特別開扉
IMG_0032s_2019071418035638c.jpg

俊乗房重源上人坐像(配布パンフレットより)
IMG_0106s_2019071418040269c.jpg

念仏堂
IMG_0065s_201907141803590fb.jpg

鐘楼
IMG_0073s.jpg

説明
IMG_0041s_20190715082133551.jpg

IMG_0035s_20190715081832600.jpg

IMG_0044s_2019071508183590d.jpg

IMG_0046s_2019071508183673a.jpg

IMG_0051s_20190715081838344.jpg


--

平野塚穴山古墳現地見学会

 2019年6月30日(日)、香芝市教育委員会は、平野塚穴山古墳(7世紀後半、1973年(昭和48年)に国史跡指定)の史跡整備事業に伴う発掘調査の成果を公開すべく、雨の中、11時より現地見学会を行いました。

 現地は狭いので10数人ずつ区切って現場に入りました。 現場では、横口式石槨内への立ち入りはできず、石室内の様子を観察することはできませんでした。また、学芸員による現地の説明は行なわれず、各自が配布資料を見ながら、限られた時間内で見学しました。

これまでの調査で、平野塚穴山古墳は2段築成の方墳で、上段は一辺が17.4m前後、幅2m程度のテラス面を持つ、高さ2.7mの方形です。 また、下段は一辺25m〜30m、高さ2.7mで、墳丘全体の高さは5.4mです。 

 石室の構造が二上山産の凝灰岩の切石を組み合わせて造られた横口式石槨(石室)で、高松塚古墳やキトラ古墳と同じ構造です。 石槨内から、金環、銅碗の破片や、夾紵棺や漆塗籠棺の破片が出土しており、被葬者は高貴な人ではないかと考えられています。

墳丘に入り石室を見学しました。今回、天井石を支える両側の石の「てこ穴」が見学ポイントの一つでした。 また、墳丘斜面から二上山産の凝灰岩の貼石が検出され、見学ポイントとなっています。 明日香村の牽牛子塚古墳や天武・持統天皇陵など終末期古墳と同じ貼石が施されていました。

なお、『延喜式』に「片岡葦田墓 茅渟王」という記述があることなどから、被葬者として斉明天皇・孝徳天皇の父である茅渟王(ちぬおう)の名前があげられていますが、古墳の築造年代と推定沒年代が合わないため、改葬した古墳ではないかと考えられているようです。

--
平野杵築神社で受付
IMG_0027s_201907010240082ef.jpg

IMG_0028s_20190701024010818.jpg

社殿
IMG_0847s_20190701103927578.jpg


正楽寺(しょうらくじ)
IMG_0007s_20190701094801e76.jpg

説明板
IMG_9973s_2019070109480399f.jpg

石造線刻 阿弥陀如来坐像
IMG_9975s.jpg

地蔵堂(横から墳丘へ登る)
IMG_9977s_20190701094806907.jpg

--
墳丘へ階段を上る(右手は正楽寺)
IMG_9968s_20190701103928bcd.jpg

墳丘テラスと埋葬施設
IMG_9972s.jpg

平野塚穴山古墳 横口式石槨(組合せ式石室)
IMG_9985s_20190701025254818.jpg

玄室(奥)・玄門・羨道
IMG_9989s.jpg

玄室
IMG_9988s_20190701024017c52.jpg

横口式石槨の構造
IMG_9987s_20190701024016e78.jpg

側石の下部に梃子穴
IMG_9994s.jpg

二上山産凝灰岩による斜面の貼石
IMG_9983s_20190701024013f09.jpg

版築による墳丘の造成
IMG_9966s_20190701024011214.jpg

墳丘下の段
IMG_0015s_20190701024004d51.jpg

閉塞石?
IMG_0022s_201907010240078f0.jpg


IMG_0018s_20190701024005c45.jpg



 

矢田寺の紫陽花(2019)

 2019年6月26日(水)、西日本で過去最も遅い梅雨入りが宣言されました。 奈良盆地の西に高さ約300メートル余で、霊山寺から法隆寺まで、約10キロ程度の尾根が連なる矢田丘陵は、奈良県立自然公園「遊びの森」として保護され、自然が多く残され、春秋には整備された尾根筋の道を歩く、ハイカーで賑います。

 矢田丘陵の中間あたりに、関西屈指の紫陽花の名所としてよく知られている、天武天皇勅願の古刹矢田寺(高野山真言宗別格本山金剛山寺(こんごうせんじ))は壬申の乱に勝利した天武天皇が天武8年(679年)に智通僧正に命じて開基しました。盛時には7堂伽藍48坊を造営しました。 当初は十一面観世音菩薩と吉祥天女を本尊としていましたが、 弘仁年間に、満米上人により地蔵菩薩が安置されて以来、地蔵信仰の中心地として栄えてきました。

矢田寺のあじさいは、本尊の地蔵菩薩像にちなんで、昭和40年頃から植えられ、今日では約60種類1万株のあじさいが境内全域に植えられています。あじさいの花びらのひとつひとつが6月の雨に打たれ、さまざまに色が移ろいながら、「諸行無常の」 私たちを慰めてくれます。

 先日、映像作家の保山耕一氏(大和郡山市第7回水木十五堂賞受賞者)の「奈良には365の季節がある」と題する美しい奈良の映像を見せていただき感激しました。 命を刻んで撮影した若草山・御蓋山の壮大な雲海の映像や鹿の姿、吉野山の美しい桜吹雪の映像を見せて頂きました。 

 矢田寺と紫陽花の映像もきっと素晴らしいものとなるでしょう。矢田山から奈良盆地を眺望した知人の青一色で描いた油絵も大変素晴らしかったです。

なお、矢田寺のあじさいが咲く頃、シャンソン歌手別府葉子さんの「6月の雨」を聞いて、親しい人を亡くした心の悲しみを癒しています。 「6月の雨」の歌詞を別府葉子さんのブログから引用させて頂きます。透き通る歌声は絶品です。

 「6月の雨」

                    作詞・作曲/別府葉子

  6月の雨に濡れ 紫陽花が泣いてる
  青い花びらに露を受けとめて
  思い起こせば夏の思い出はいつもあなた
  赤い鬼灯(ほおずき)を鳴らして歩いてた
  空に天の川 笹船流した
  手をつないで見た金色の花火
  Ding Ding Dong
  Ding Ding Dong
  風は運ぶ
  Ding Ding Dong
  Ding Ding Dong
  雨の匂い

  朝顔のつるを指に巻きつけのぞきこむ
  小さなてんとう虫が羽広げた
  麦わら帽子を太陽が照らす
  今日もまた暑い一日になるかな
  Ding Ding Dong
  Ding Ding Dong
  雲の晴れ間
  Ding Ding Dong
  Ding Ding Dong
  目を細める
  Ding Ding Dong
  Ding Ding Dong
  花影にあなたの笑顔

  桜の花を揺らす風が
  いつか向日葵を吹き抜けて
  色づくもみじ流れる川が雪に凍りつくころも
  いつもあなたを いつも想ってる

  6月の雨あがり 紫陽花が輝く
  虹色の花がきらめいて揺れる


--
境内入口
IMG_9850s_20190627032700337.jpg

奥に本堂、背後の山は矢田山
IMG_9852s_201906270327010eb.jpg

東明寺方面からきてここで合流
IMG_9824s_201906270338374c5.jpg

石垣から本堂方面を望む
IMG_9804s_20190627032652f1d.jpg

参道灯籠
IMG_9808s.jpg

矢田寺は地蔵信仰のお寺
味噌なめ地蔵
IMG_9814s_20190627032655d24.jpg

地藏
IMG_9815s_201906270759309ba.jpg



本堂前参道の紫陽花
IMG_9860s.jpg

修理終わった鐘楼
IMG_9862s_20190627032704c91.jpg

鐘楼
IMG_9867s.jpg

本堂
IMG_9878s.jpg

浄土式庭園
IMG_9885s_20190627093440337.jpg

IMG_9888s.jpg

--
あじさい園
山あいの谷と斜面を利用し、立体的なあじさい園を作っています。

花のテラス:谷を一望できます。
IMG_9696s_20190627095537008.jpg


IMG_9701s.jpg

IMG_9709s_201906270814390dd.jpg

IMG_9714s.jpg

IMG_9702s.jpg

IMG_9795s_20190627081505bb8.jpg

IMG_9776s_20190627081502088.jpg

IMG_9768s_20190627081459a01.jpg

IMG_9739s.jpg

IMG_9732s.jpg


IMG_9720s.jpg

IMG_9719s_201906270814452f7.jpg

IMG_9726s_20190627095542612.jpg

IMG_9728s_201906270955446a0.jpg

IMG_9729s.jpg

IMG_9730s.jpg

IMG_9732s_201906270955486ce.jpg

IMG_9733s_20190627095550fbc.jpg


--
重要文化財 春日神社
IMG_9861s_20190627093438287.jpg

大門坊 沙羅双樹
IMG_9828s_20190627093433c64.jpg

IMG_9829s_20190627093435031.jpg

--
奈良盆地を囲む東青垣連峰
IMG_9819s_20190627102557041.jpg

IMG_9832s_20190627102558da7.jpg

IMG_9834s_2019062710255992b.jpg

IMG_9836s_20190627102600818.jpg

お見送り地蔵
IMG_9841s_20190627093435c2f.jpg


IMG_9847s_20190627093437be2.jpg











蓮華王院・三十三間堂

 京都国立博物館の向かいに所在する天台宗蓮華王院の本堂(国宝)は、全長が約120メートルあり、柱間が三十三間あるので、三十三間堂と呼ばれます。

堂内には、1001体の「十一面千手千眼観世音菩薩像」が安置されており、観音様が堂内の端から端まで林立し、圧巻です。お堂の中央には、鎌倉時代に運慶の長男の湛慶(たんけい)が82歳のときに造像した巨大な観音坐像が安置され,その左右にそれぞれ500体の観音が十段の壇上に整然と立っています。 等身立像の中、124体は平安期の創建時のもので、他の800余体は鎌倉期のものです。 

堂内の両端には雲座にのった躍動感あふれる風神像と雷神像が安置され、自然現象の台風や雷、地震などに対する人間の畏怖の念が込められています。 これらは、鎌倉時代の彫刻の名作とされ、国宝に指定されています。

お堂の最前列と中尊の周囲には合計で、28体のインド由来の天部の像が配置され、千手観音を守護しています。目には鎌倉時代に始まるとされる玉眼が嵌めこまれています。

蓮華王院は、後白河上皇院政庁「法住寺殿(ほうじゅうじどの)」の一画に、1164年に、平清盛によって建立されましたが、約80年後に焼失し、1266年に再建され、それ以来、約700年間に渡って修理が行われ、保存されている京都洛中では、最古の建造物の一つです。

西山先生から蓮華王院の歴史や仏像の配置の歴史や仏像の修理の現状等について詳しく説明して頂きました。

--
後白河上皇院政庁「法住寺殿」址碑
IMG_9290s_20190619221048dcd.jpg

三十三間堂
IMG_9292s.jpg

同上
IMG_9305s_201906192210562d4.jpg

同上
IMG_9301s_20190619221054c36.jpg

同上
IMG_9306s_20190619221057366.jpg

庭園と三十三間堂
IMG_9296s_20190619221051c35.jpg

三十三間堂入口
IMG_9298s_20190619221053262.jpg

射弓場
IMG_0173s_2019061922104798d.jpg



京の名刹を訪ねて

 2019年6月9日、奈良交通主催の西山厚先生同行解説の大和路再発見バスツアーで、今回は大和を離れて、京都の名刹を訪ねました。 この日は天候に恵まれ、最初に訪ねた大原の山里では、田植えが終わったばかりの田園風景と山の木々の緑がとても映えていました。ツアーでは大原の三千院、太秦の広隆寺、蓮華王院(三十三間堂)を訪ねました。 

その昔、大原の三千院には大勢の観光客が押し寄せました。
1965年に永六輔作詞、いずみたく作曲、デューク・エイセス歌の「女ひとり」 が大ヒットして、京都大原三千院、高山寺、大覚寺は京都の観光地として脚光を浴びました。現代では益々賑わいを見せ、海外からの観光客も多いです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
----------------------------------------------------------------
「女ひとり」
永 六輔 作詞
いずみたく 作曲

京都 大原 三千院
恋に疲れた女がひとり
結城に塩瀬(しおぜ)の素描(すがき)の帯が
池の水面にゆれていた
京都大原三千院
恋に疲れた女がひとり
---------------------------------------------------------------
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

バスの駐車場で下車して、三千院までの参道を歩きます。
谷川(呂川)に沿って山道をゆっくり登って行く参道や、参道沿いに樽を置き柴漬けを土産物として売っているお店の姿は、昔訪ねた頃と様子は変っていませんが、今回は外国の若い観光客が多く当時とは様子が変わっていました。

山門下の石段の横に大きな、石標が建っており、「梶井 三千院門跡」とあります。石段を上がると、苔生した城壁のような大きな石垣が積まれています。 この大きな石垣にそってしばらく行くと、山門があり、以前の景色を思い出しました。

三千院
大原三千院は、梶井門跡・梨本坊とも呼ばれ天台宗五箇室門跡の一つです。 最澄が比叡山の東塔南谷の梨の大木の下に住房を結び、一念三千院または円融坊と称したのが始まりです。860年清和天皇の勅願により承雲が東坂本の梶井に大伽藍を建立し、その後堀河天皇の第2皇子最雲法親王が14世を継いで以来、代々法親王が住職を務め、梶井門跡、梨本坊とも称されました。その後、明治4年に大原の地に移り、霊元天皇宸筆の勅額「三千院」を掲げて、三千院と呼ばれるようになりました。

往生極楽院
 往生極楽堂は、奈良の當麻出身の比叡山の僧侶恵心僧都源信が986年に建立したと伝わるお堂です。現在の建物は平安時代の1148年の建立です。本尊は国宝の阿弥陀三尊像で、脇侍は正座しており、大和坐りと言うのだそうです。 天井は折り上げ式天井で逆船底型になっています。

--
谷川沿いの参道
IMG_9134k.jpg

石標: 梶井門跡 三千院
IMG_9136s.jpg

城壁のような石垣
IMG_9140s_20190611110403d01.jpg

三千院境内図
IMG_9141s.jpg

山門: 梶井 三千院門跡石標  往生極楽院
IMG_9143s.jpg


京都市指定名勝 
IMG_9158s.jpg

庭園
IMG_9152s.jpg

庭園
IMG_9191s.jpg

細波の滝
IMG_9193s.jpg

--
重要文化財 往生極楽院
IMG_9188s_20190611110415371.jpg

国宝 阿弥陀三尊
IMG_9204s_201906111104196c4.jpg


IMG_9159s.jpg

IMG_9212s_20190611110422bcf.jpg

IMG_9230s.jpg

--
わらべ地蔵
IMG_9221s.jpg

IMG_9222s.jpg
--

あじさい園
IMG_9233s_201906112032394db.jpg

朱印所
IMG_9241s_20190611203240fbc.jpg

鎌倉石地蔵
IMG_9244s.jpg

--
芹生
IMG_9260s.jpg



プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR